BOM(部品表)、統合化BOMの構築とデータ駆動型「ものつくりDX」への応用 <オンラインセミナー>

~ DXものつくりのキーテクノロジーである統合化BOM、6つの機能BOMと情報構造、価値定義と方式機能設計、統合化BOMデータプラットフォームで運用する生産管理システム ~

・設計と調達・生産を連携した統合化BOMの構築技術を修得し、データ駆動型のものつくりを実現するための講座
・6つの機能BOMとDXの中核であるデータプラットフォーム技術を修得し、統合化BOMの構築と顧客価値共創の製品開発へ応用しよう!
・ソフトのセキュリティー管理に欠かせないSoftware-BOMについても解説いたします

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 数年前から本格的スタートしたDX革新の本質的な理解がなく進まないようです。製品やソリューションは企業の存在意義や活動の中核をなし製品がもつBOM情報に着目することでDX革新は飛躍的に進むとの期待が高まってきています。本セミナーではBOM(部品表)の基礎とDX革新の基盤となる「統合化BOM」を根本理解頂きたいと思います。
 第1章では時代の変節点となる第4次産業革命がDX Innovationにつながった背景や経緯とDX革新のキーテクノロジー”BOM”の重要性を確認し、第2章ではものつくりでBOMが果たしてきた役割を振り返り、企業活動の殆どが関わる製品情報の統合するBOMの概念的理解から6つの機能BOMとDXの中核であるデータプラットフォームを紹介します。3章では某大学の講座にもなっている統合化BOMをメカ・エレキ・ソフトの実践的機能設計をワークショップ形式で実際のデータをもとに製品開発のプロセスを学習します。製品開発設計の経験のない方や製品開発やものくりを指導する方、特にソフトのセキュリティー管理に欠かせないSoftware-BOMは開発者管理者には必見です。第4章では統合化BOM Data Platformのデータ駆動型経営革新の課題として、統合化原価管理、顧客価値共創の製品開発、統合化生産管理、IoT活用の生産革新のスマートファクトリーの事例紹介をします。
 本講座のまとめでは参加者の事前質問などを参考に今後統合化BOMがDX革新としてオープンイノベーションで活用される機会つくりの議論できれば幸いです。

セミナー詳細

開催日時
  • 2024年08月22日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナーソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・DX推進リーダーおよび推進者部門、ものつくり教育部門、開発設計、生産管理、製造部門や改善チームの方
・ITCからDXを支援する情報システム部門の方
・DXを支援するシステムベンダー企業の方
予備知識 ・特に必要ありません
・ものつくりでの悩みや現状の改革が進まないなどの問題認識があると良い
修得知識 ・製品部品構成管理(BOM)の基本
・統合化BOMの理念、概念と利用活用法のポイント
・業務を体系的に整理した仕組みモデルやものつくりの基本の工程モデルなど実例
プログラム

1.DX革新でものつくり復活を目指す統合化BOMのコンセプト
  (1).時代の変節点第4次産業革命の変遷からものつくりを考える
  (2).2016年から加速した第4次産業革命がDXにたどり着いた経緯
  (3).ものつくりの復活は経営資源をデータとした付加価値向上と生産性革命
  (4).DX時代のものつくりの競争戦略は価値共創スピード
  (5).DXものつくりのキーテクノロジーは統合化BOM

2.BOM(部品表)の基礎と「統合化BOM」の概念:6つの機能BOMと情報構造  
  (1).ものつくりにおけるBOM(部品表)の発祥からの経緯
  (2).ものつくりDX革新におけるBOMは中核の情報
  (3).BOMを統合する前提の経営革新モデル
  (4).統合化BOMの統合概念と6つの機能BOMと情報構造
  (5).統合化BOMで思考するビジネスモデル

3.機能設計による統合化BOMの実践的理解 (ワークショップ)
  ~VE手法の機能設計と製品開発設計のプロセスで統合化BOMが構築される手順を学習~
  (1).製品開発フレームワーク
    ・どの様な手順で製品開発が進められるか
  (2).価値定義と方式機能設計
    ・顧客要求VOCがどの様に機能表現されて機能設計されるか
  (3).機能設計と統合化BOM
    ・設計・調達・生産が統合化されてBOMが作られる過程
  (4).設計・調達・生産の機能BOMにどの様な情報が定義され活用されるか

4.統合化BOM Data Platformで実現する付加価値創造戦略経営を実現するDX経営革新の事例
  (1).統合化BOM Data Platformのビジネスモデルとデータ駆動型経営
  (2).統合化原価BOMでのデータ駆動型進行原価管理
  (3).顧客価値共創(VOC)のフロントローディング製品開発
  (4).統合化BOMデータプラットフォームで運用する生産管理システム
  (5).統合化生産BOMのノードDBとIoT活用の「スマートファクトリー」

5.まとめ 
  ・統合化BOM理解の確認とDX革新のオープンイノベーション

キーワード 統合化BOM BOM(部品表) 機能BOM 情報構造 VE手法 製品開発フレームワーク 機能設計 顧客要求VOC データ駆動型経営 統合化原価BOM 統合化BOMデータプラットフォーム 生産管理システム ノードDB スマートファクトリー
タグ 原価・財務・会計ソフト管理生産管理調達設計・製図・CAD
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日