分かりやすく使いやすいインタフェース設計とその応用

~ ユーザビリティの原理とユーザビリティガイドライン、ユーザビリティ評価手法、分かりやすく使いやすいインタフェースの要件 ~

・一段と機能が複雑になっている機器や画面デザインを使いやすく見せるための講座
・ユーザビリティの考え方や人間の認知特性を理解し、分かりやすく、使いやすい人間中心設計を実践するための特別セミナー!
・ISO等の規格をベースとしたユーザビリティ評価の原則やUI設計のガイドラインについても解説いたします

講師の言葉

 世の中には使いにくいものがあふれている。特にデジタル製品は技術の進歩により、多数の機能を集約した製品になる傾向があるため、複雑な機能を持つ製品を使いやすく見せるための工夫を行い、使いにくいものを無くしていく取り組みが求められる時代となっている。
ものづくりに携わる人全員が、人間にとって使いにくいものを作らないという人間中心設計を行えば、このようなことはなくなるのだが、人間中心設計を行うには、ユーザビリティの考え方を理解し、人間についての正しい理解を踏まえた分かりやすく使いやすいインタフェースを構築するための知識を修得する必要がある。
 本セミナーでは、人間中心設計の考え方から始めて、ユーザビリティ評価手法、エラーを起こす人間の理解、インタフェースを分かりやすく使いやすくするために必要な知識等について解説する。これにより、世の中から使いにくいものをなくすための取り組みを実践していただくための実践的知識を学んでいただく。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年02月27日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・システム、情報機器およびWeb画面の設計・製造・評価の担当者、リーダー、および管理者の方
予備知識 ・基礎から応用までわかりやすく解説するので、特に必要な予備知識はありません
修得知識 ・人間中心設計全般に関する知識
・ユーザビリティ評価に関する知識と評価手法の実際
・ヒューマンエラーに関する基本知識
・インタフェースを分かりやすく使いやすくするための知識
・「人間」に関する理解を踏まえたインタフェース設計の重要性
・モバイル視点、正しい方向デザインに関する知識
プログラム

1.人間中心設計の勧め
  (1).人間中心設計専門家とは?
  (2).人間中心設計とは?
  (3).ユーザビリティの原理
    a.ユニバーサルデザイン125の原理
    b.ISO 9241-110の7つの原理
  (4).ユーザビリティガイドライン
     a.アップルのガイドライン
    b.ISO 9241-110のガイドライン
    c.Webのリサーチ・ベース・ガイドライン
    d.ISO規格の制定状況(いずれJISになる)
    e.アクセシビリティ
  (5).Webにおける人間中心設計
  (6).ユーザビリティの理論

2.ユーザビリティ評価手法
  (1).各種手法
    a.観察法
    b.ヒューリスティック評価
    c.ガイドラインレビュー
    d.一貫性インスペクション
    e.認知ウォークスルー
    f.ペーパープロトタイピング
  (2).アンケート、サーベイ
     a.QUIS
    b.SUS
    c.SUMI
    d.WAMMI
  (3).ユーザビリティ評価報告書
    ・CIF (ISO 25062)

3.ヒューマンエラー
  (1).分類
    a.ハインリッヒの法則
    b.人間の能力の限界
    c.錯視
    d.ヒューマンエラーの分類
    e.人間-機械系の設計ポイントと認知工学
  (2).事例
  (3).ヒューマンエラー対策

4.分かりやすく使いやすいインタフェースの要件
  (1).見て意味が分かる
    a.ナビゲーションのメカニズム、ラベリング
    b.重要なメッセージに絞る
  (2).どのような状態かが分かる
    a.ナビゲーション、経路探索
  (3).構造が分かる
    a.情報アーキテクチャ
    b.インフォメーショングラフィックス
    c.情報探索モデル
  (4).何が重要かが分かる
  (5).何をすれば良いかが分かる
    a.アクションとコマンド
    b.フォームとコントロール
  (6).何がどうなりそうかが分かる
    a.画面のレイアウト
    b.ナビゲーションのフレームワークとタイプ
    c.アーキテクチャ
    d.見通しを良くする
  (7).何をしたかが分かる
  (8).使いやすいと感じる
    a.使いやすさの味付け

5.人間についての理解を踏まえたインタフェース設計の重要性
  (1).人間の基本的認知
  (2).原理・原則
    a.ヒューマン・エラー防止
    b.ユーザビリティの7原理
    c.デザイン100の法則
    d.ヒックの法則・・・ ほか
    e.ISO、JIS等の規格
  (3).知識・調査
  (4).デザイン
  (5).提供・使用
    a.「使いやすさ」確認
    b.「楽しさ」を感じる

6.これからのインタフェース設計に求められるもの
  (1).モバイル視点のユーザビリティの考慮
    a.PCとモバイルの違いの再認識
    b.マイクロインタラクションという考え方
    c.アップルのモバイルガイドライン
    d.Googleのデザインガイドライン
  (2).エモーショナル視点を持つこと
  (3).ヒューマンエラーへの更なる配慮
  (4).「方向通則」の再考

7.製品開発への応用
    ・事例と講義内容に基づくディスカッション

キーワード 使いやすい ユーザインタフェース ユーザビリティ 人間中心設計 ユニバーサルデザイン ユーザビリティ評価手法 ヒューマンエラー ナビゲーション ガイドライン 方向通則
タグ ヒューマンエラーディスプレイデザイン感性・脳科学・認知工学使いやすさ・ユーザビリティGUI
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日