回転機械振動の基礎理論とExcelを活用した振動低減手法およびその実践  ~1人1台PC実習付~

~ 回転機械振動の基本と振動の管理値、その管理値を超えた時の回転機械におけるバランス理論と図解法、理論をExcelに展開したExcelバランス解法を活用した振動低減手法実践ノウハウ ~

機械振動の基礎と機械設備の設計や管理・保全に必要な振動の異常診断手法を学び、機械の破損や故障を防ぐ抑制手法を修得するための講座

・機械振動の低減において重要な、図解法を用いた「バランス」の算出方法からExcelを駆使した応用計算までを演習を交えて修得し、実務に活かすためのセミナー!

※PC環境は弊社で用意します
※当日の演習資料をお持ち帰りいただけますのでUSBメモリをご持参ください

【当日持参必須】三角定規、コンパス、ディバイダ、分度器、寸法定規、四則演算できる電卓

講師の言葉

 機械の振動は、よく人間の脈拍や体温に例えられ、機械の健康状態を表す指標の役割をしていると言われます。この振動値が高いと、機械が何かの異常を私たちに伝えているのですが、そこから先は、どれ程の振動が異常なのか、そしてどのようにしたら振動値を下げることが出来るのか、機械エンジニアでも余り知られていません。放置すれば機械は壊れるかもしれないので、専門家を呼んで診断や対策をしてもらうことになります。

 本講座では、機械設備を管理し保全する方や機械設計の方に、まず振動の許容値と異常限界を知っていただき、振動を下げる方策、すなわち回転機械のバランス作業の具体的手法を習得していただくことを目的としています。

 バランスは、三角定規と分度器、コンパスを使って図解法で解きます。しかしこの講座では、

 ① 図解法

 ② バランス理論

 ③ 計算式をExcelに記憶させた標準化活用

を教授いたします。

 これにより旧来のバランス図解法に止まらず、バランス理論にも知見のある、Excelを駆使したどのような環境にも工夫し対応できる応用力を身に着けた機械エンジニアに成長していただくことを目指しています。

セミナー詳細

開催日時
  • 2024年05月27日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー PC実習付きセミナー電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・回転機械の設計者の方
・回転機械を持つ企業の生産設備管理者、運転管理者、保全管理者、技術管理者などの方
・機械振動に興味のある技術者の方
・回転機械を用いた製造・生産に携わる技術者の方
予備知識 ・大学理工学部レベルの機械振動学の知識
・高校数学レベルの複素数の知識(複素座標、四則演算とくに割り算の分母有理化、絶対値、偏角、共役複素数、ド・モアブル定理など)
修得知識 ・機械振動の許容値と異常限界、振動低減手法などの実用的バランス法やその理論背景
・バランス図解法やExcelを駆使したバランス法を実践するための知見
・バランスのExcel計算パッケージの活用方法
プログラム

1.回転機械振動の基本

  (1).自由振動と固有振動数

  (2).強制振動

  (3).周波数応答

    a.運動方程式からの理論展開

    b.周波数応答図の作図(実数)

    【演習問題1】 実数を使って作図(PCにて)

    c.Excelによる複素数計算

      ・複素数の入力の仕方

      ・複素数演算関数

    【演習問題2】 Excel複素数関数の使い方(PCにて)

    d.周波数応答図の作成(複素数を使って)

    【演習問題3】 複素数を使って作図(PCにて)

  (4).回転数変化する回転機械の現象

  (5).位相の計測方法

  (6).位相変化の実例

 

2.振動管理値

  (1).振動値と故障の調査報告例

  (2).振動の許容限界

  (3).安全に運転するための振動管理基準

 

3.振動を低減するための回転機械のバランス

  (1).バランスとは

    ・バランスとは、管理基準を超えた回転機械の振動を下げるために回転体に釣合い重りを取付ける技術のことです。未知なる位置に未知なる質量を求め、機械の是正を図る技術です

  (2).バランスの限界

    ・アンバランス振動に対して、バランスによる振動対策が有効です。バランスの有効限界を勉強します

 

4.図解法を用いたバランスの算出手法と実践

  (1).多点法

  (2).三点法

  【演習問題4】 (図解法)

  (3).影響ベクトル法

  【演習問題5】 (図解法)

 

5.Excelを用いた影響ベクトル法の数値計算法

  【演習問題6】 (PCにて)

 

6.計測機器

 

7.影響ベクトル法を使った三点法の評価と振動低減効果

  (1).三点法の作図原理と評価手順

  (2).三点法3円の数式表示と交点

  (3).Excelによる三点法図解と評価

  【演習問題7】 (PCにて)

  (4).影響ベクトル法を使った三点法の評価

 

8.結言

 

キーワード 回転機械 機械振動 振動低減 自由振動 固有振動 周波数応答 Excel 複素数計算 振動管理値 図解法 影響ベクトル法 三点法
タグ 精密機器・情報機器分析アクチュエータリスク管理安全カメラコントローラ実験計画・多変量解析シミュレーション・解析非破壊検査品質管理未然防止バルプ・ポンププラントモータロボットデータ分析機械機械要素最適化・応力解析材料力学・有限要素法軸受け自動車・輸送機振動・騒音制御設計・製図・CAD精密機器設備歯車
受講料 一般 (1名):51,700円(税込)
同時複数申込の場合(1名):46,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 新宿第一生命ビルディング(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日