BOM(部品表)および統合化BOMの基礎と実践およびDX革新への活かし方 <オンラインセミナー>

~ 統合化BOMの戦略的活用とDX基盤形成、DX革新を実現する仕組み構築とデータ駆動型の運用を実現するキーテクノロジー ~

・統合化BOMの構築と戦略的活用法を学び、データ駆動型のシステム構築に応用するための講座

・統合化BOMの実装技術を修得し、経営原価管理、生産管理、生産現場が見えるスマートファクトリーの実現へ応用しよう!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

https://www.j-techno.co.jp/オンラインセミナーのご案内/

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 DXに関する情報はほぼ毎日のように提供されており激変の時代のなかで重要な経営課題になっています。
 今回は部品構成表(BOM)がDX革新の中核データ構造であることを確認頂き活用の機会にして頂くセミナーです。
 第1章では第4次産業革命からスタートした激変の時代がDX Innovationにつながった背景とDX革新のキーテクノロジー”BOM”の重要性を確認します。
 第2章ではBOMがどの様に発展してきたか、機能BOMから統合化BOMに発展した概念的理解と戦略的活用を紹介します。
 第3章では某大学の講座にもなっている統合化BOMの実際をワークショップ形式で具体的データをもとに製品開発プロセスを学習します。
 製品開発設計の経験のない方や製品開発やものつくりを指導する方には必見です。
 第4章ではDX革新の中核であるデータプラットフォーム(統合化BOMデータ構造)とDX革新のキーテクノロジーを確認して経営原価管理、生産管理、生産現場が見えるスマートファクトリーをDX革新のPoC(概念実証)とした事例研究を紹介します。
 本講座のまとめでは参加者の事前質問などを参考に今後統合化BOMがDX革新としてオープンイノベーションで活用される機会つくりが議論できれば幸いです。

セミナー詳細

開催日時
  • 2022年07月15日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナーソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・経営企画、商品企画、設計生産技術、生産管理の方
・技術情報管理(ICT部門) 設計技術情報管理部門の方
・製造改善チームに携わる方
・企業改革プロジェクトリーダー
・ものつくりでの悩みや現状の改革が進まないなどの問題認識のある方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・生産や仕組みの基本とIoT活用とデータ構成の仕組み
・製品部品構成管理(BOM)の基本が理解できる
・統合化BOMの構築手順と実装
プログラム

1.DX(Digital Transformation)時代ものつくりはどの様に変わる
  ~第4次産業革命が加速し線形経済から循環経済へものつくりが統合化するDo On Time社会の実現~
  (1).社会環境が激変する時代で世界のものつくりの現状
  (2).2016年から始まった第4次産業革命はどこまで進展しているか
  (3).コロナ危機で露呈した「交換価値」の脆さ「つながる」ことの本質を考える
  (4).DX時代のものつくりのキーテクノロジーはBOM

2.BOM(部品表)と「統合化BOM」基礎講座
  ~統合化BOMの戦略的活用とDX(Digital Transformation)基盤形成~
  (1).BOMの発展経緯
  (2).「エンジニアリング・チェーン」から「統合化エンジニアリングサイクル」へ
  (3).業務機能の統合化と統合化BOMの役割
  (4).設計・生産を連携する「統合化BOM」の特徴と効果
  (5).抜本的な革新を創出する4つの統合化価値戦略
  (6).統合化BOMによる統合化革新(PWI)適用事例

3.統合化BOMを理解する機能設計(ワークショップ)
  ~VE手法の機能設計と製品開発設計のプロセスで統合化BOMが構築される手順を学習する~
  (1).どの様な手順で製品開発が進められるか
     (製品開発フレームワーク)
  (2).顧客要求(VOC)がどの様に機能表現されて機能設計されるか
     (価値定義と方式機能設計)
  (3).設計・調達・生産が統合化されてBOMが作られる過程を知る
       (機能設計と統合化BOM)
  (4).設計・調達・生産の機能BOMにどの様な情報が定義され活用されるか
     (統合化BOM属性定義)

4.DX革新のものつくりプラットフォームと統合化BOMの実装事例
  ~DX時代のものつくりプラットフォームと統合化BOM実証事例紹介~
  (1).DX時代のものつくりプラットフォーム【統合化NDBのデータ構造】とは
  (2).DX革新を実現する仕組み構築とデータ駆動型の運用を実現するキーテクノロジー
  (3).統合化BOMで実現するDX革新の事例研究
     a.統合化原価BOMで「データ駆動型の原価管理」とリアルタイム経営
     b.DX革新 「データ駆動型生産管理」のPoC研究
     c.DXものつくり革新 IoTと統合化生産BOMで現場が見える「スマートファクトリー」

まとめ 統合化BOM理解の確認とDX革新のオープンイノベーション                

キーワード DX 統合化BOM 統合化エンジニアリングサイクル 機能設計 VE手法 製品開発フレームワーク 顧客要求 価値定義 方式機能設計 ものつくりプラットフォーム データ駆動型 原価管理 データ駆動型生産管理 スマートファクトリー
タグ 生産管理データ解析調達ITサービス設計・製図・CAD
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日