統計的品質データ解析の基礎と効果的な活かし方 ~ 演習デモ付 ~ <オンラインセミナー>

~ 統計的品質データ解析法の基礎、統計的仮説検定、重回帰分析と応用事例 ~

・管理技術としての統計的品質データ解析に必要な解析技術を修得するための講座

・統計解析の基礎から学び、憶測の無い的確な判断力を身につけ、高度な統計解析技法を信頼性向上に活かそう!

・経験豊富な講師が生産現場で実践してきた事例を取り上げた内容である、「現場の生データ」を随所で紹介します

 

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

講師の言葉

【講師の言葉】

 この講座を通してのキーワードは「データは語り掛けている」です。しかもデータは声無き声であり、時には声なき叫びでもあります。そのために、私たちはデータが語り掛けている声に耳を傾け、読み取る技術を身に付ける必要があります。

 この読み取る技術はあたかも小学校での跳び箱の練習のように基礎から一段、一段跳び箱の段数が高くなるが如く、統計解析の基礎から積み上げて身に付けて行くものです。独学では途中で階段の踊り場の如く停滞する場面に多々直面しますが、本セミナーではそれらの踊り場での疑問を乗り越えて一段一段着実に高度な統計解析技法へと解析技術を積み重ねていきます。

「高い山に登ってみて、初めて更に高い山が見えてくる」ものです。

 管理技術としての統計的データ解析技術はご自身の固有技術に更に磨きをかけ、ご自身の豊かな人生に向けた「知的生産性」を飛躍的に高めていくことでしょう。

セミナー詳細

開催日時
  • 2022年01月26日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナー品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・設計技術者、設計部門、生産技術部門管理者、担当者
・製造技術者、製造管理部門、試験・品質管理部門管理者、担当者
・全社的品質管理推進者
・(文系、理系問わず)間接支援部門担当者、管理者の方
予備知識 ・特に必要ありません。統計の基礎的知識があればより理解が深まります
修得知識 ・統計的品質データ解析に必要な知識が得られます。なぜ統計解析が必要なのかということを理解した上で、商品化プロセスのどの場面でどのツールが役に立つのか、即ちTPO(Time、Place、Occasion)をビジネスセンスとして身に付けることが出来ます
・直接部門、間接部門を問わず、ビジネスの最前線ではたくさんのデータを扱っているので、管理技術としてのデータ解析技術を身に付けると、憶測の無い事実に基づいた的確な判断ができるようになり論理的思考(Critical Thinking)で業務を進める重要な武器となります
・Excel演習(講師実演)を行うことにより自分で“使える”という自信を持つことと、学習したツールを職場で広めることが出来るよう、Excel演習データも工夫してあります

プログラム

 1.統計的品質データ解析を始める前に

(1).企業人の常識としての論理的思考 管理技術の重要性

(2).なぜ統計的なデータ解析が必要なのか

 

2.統計的品質データ解析法の基礎

(1).集団の全体像(中心的傾向、散布度)を把握する Excel基本統計量

(2).統計的品質データ解析のために必要な色々な分布

   a.正規分布、標準正規分布の性質(z変換、z分布)

   b.統計量の分布

    ・t分布、F分布、χ2分布

 

3.幅を持って予測する統計的推定と信頼限界

(1).母平均の区間推定

   a.母集団のσ既知の場合:z分布 σ未知の場合:t分布

    ・所望の精度のためのサンプル数はいくつにしたらよいか(連続)

(2).母標準偏差の区間推定:χ2分布 

(3).母比率(不良率)の区間推定:z分布

   ・所望の精度のためのサンプル数はいくつにしたらよいか(離散) 

(4).応用事例

 

4.統計的仮説検定

(1).統計的仮説検定の目的、考え方と手順、有意水準の意味

(2).母平均の検定の全体像

   a.母平均の検定(実績値と新サンプルの平均値との違いをみる)z-検定

   b.母平均の差の検定(2つのサンプル間の平均値の違いをみる)t-検定

(3).母分散の検定の全体像

   a.母分散の検定 (実績値と新サンプルのバラツキの違いをみる)χ2-検定

   b.母分散の差の検定 (2つのサンプル間のバラツキの違いをみる)F-検定

(4).実用的簡易判断表

   a.サンプル数と「W」値から、違いの有無を判断できる便利な一覧表

   b.サンプル数と分散比から、違いの有無を判断できる便利な一覧表

(5).応用事例

 

5.相関と単回帰

(1).単相関係数の仕組み、読み方と注意点(散布図と共にみる)

(2).擬似相関の見極め 偏相関係数の求め方

(3).単回帰式を求める 単回帰分析結果の見方 重相関係数

(4).応用事例

 

6.分散分析(重回帰分析の評価指標の理解を目的とし、しくみとステップのみ)

(1).分散分析のしくみ

(2).分散分析のステップ

 

7.重回帰分析

(1).重回帰分析のしくみ

(2).多重共線性、偏回帰係数、標準偏回帰係数

(3).重回帰分析結果の見方

(4).重回帰分析の評価指標 重相関係数 決定係数 補正決定係数 AIC

(5).カテゴリーデータのダミー変換

(6).応用事例

 

8.まとめ

(1).検定:サンプル数により結果が反転する鞍点を概略把握する

(2).重回帰分析:サンプル数と説明変数の数との関係の理解

キーワード 統計的データ解析 正規分布 標準偏差 管理限界線 相関係数 回帰分析 擬似相関 統計的仮説検定 平均値の検定 測定システム分析 重回帰分析
タグ 品質管理未然防止統計・データデータ分析
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日