ローカル5Gの構築と運用およびセキュリティ対策とそのポイント

~ 自営BWAとNSA構成、ローカル5Gの設計、テスト、セキュリティ、運用の要件 ~

・超高速通信・超低遅延・多数同時接続の特長を持つローカル5Gの構築と運用方法が効率的に修得できる講座

・ローカル5Gを有効に活用し、システム運用・管理の簡易化の要点、活用範囲の拡大、省人化・高齢化対策に活かそう! 

 

講師の言葉

 5Gは超高速通信・超低遅延・多数同時接続の特長を持つ次世代通信規格で、4Gと比較すると通信速度20倍、同遅延速度10倍、同時接続数10倍のまさに画期的な通信技術です。この技術をローカルで自分たちのものとして利用することができるのがローカル5Gです。
 今後のネットワークシステム構築においてはCAMBRICが重要ですが、これらを高度に連携、処理にするために重要なインフラとなるのがローカル5Gです。システム運用・管理の簡易化、活用範囲の拡大、省人化・高齢化対策などのためにローカル5Gを有効に活用するとともに、これら活用ために発生(危惧)するサイバーセキュリティのための防御が今後のローカル5G構築においても課題になるものと考えます。こららを効率良く、理解できるよう解説致します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年12月24日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・ローカル5Gを短時間で理解したい方
・ローカル5G導入を検討および始めている方
・ネットワーク、システム、ソフト部門の技術者の方
予備知識 ・ネットワークに関する基礎的知識
・IPA試験、ITパスポート相当の知識
修得知識 ・ローカル5Gの基礎知識
・ローカル5G導入のポイント
・ローカル5G運用のポイント
プログラム

1.ローカル5Gとは
  (1).期待すること
    a.概念
    b.適応範囲
  (2).各種ネットワークとの違い
    a.WiFi6
    b.LPWA
  (3).自営BWAとNSA構成について
    a.ローカル5G政府ガイドライン
    b.自営BWA
    c.NSA構成
    d.制御信号とデータ通信
    e.アンカー
    f.SAについて

2.ローカル5Gトポロジー
  (1).オンプレミス
    a.概要
    b.課題
  (2).社外委託
    a.概要
    b.課題
  (3).クラウド利用
    a.概要
    b.課題

3.ローカル5G設計・テスト要点
  (1).伝搬特性モデル化
    a.概要
    b.要件
  (2).RFシステム設計
    a.テスト概要 
    b.要件
  (3).フィールドテスト
    a.テスト概要
    b.要件
  (4).プロトコルテスト
    a.テスト概要
    b.課題
    c.対応策

4.ローカル5Gセキュリティ要点
  (1).必要なセキュリティ
  (2).抑えておきたい暗号スイート
  (3).考慮しておくべきセキュリティ対応
    a.あの著名な会議システムが危ない
    b.クラウドで対応できるセキュリティ
    c.基本となるセキュリティ対応

5.ローカル5G運用要点
  (1).多くの運用を委託することを考える
    a.なぜ委託が有効か
    b.ケース別委託内容
  (2).CSIRT体制の必要性
    a.CSIRTとは
    b.なぜ、ローカル5Gに必要か
    c.CSIRT対応の要点

6.ローカル5Gの今後

キーワード ローカル5G 自営BWA  NSA構成 アンカー オンプレミス 伝搬特性モデル化 RFシステム設計 フィールドテスト プロトコルテスト セキュリティ CSIRT
タグ 通信無線ネットワークモバイルコンピューティング
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日