技術ロードマップの作成と効果的な活用のポイント <オンラインセミナー>

~ 技術ロードマップの役割、ロードマップは意思疎通ツール、利用に伴うデメリットの回避策、規制適正化や標準化戦略の組込み例、オープンイノベーション実践のポイント ~

・技術ロードマップの基本機能である「意思疎通」を日本の習慣とも整合するようなマネジメントに活用するためのヒントを修得する実践講座!

 

・他社のロードマップを予測する視点、規格、規制と整合したロードマップ作成のためのポイントやオープンイノベーションに向けた社外連携プロジェクトへの注意点を学べる特別セミナー!

・多くの具体的事例を用いて、講師の豊富な経験に基づいた運用や使い方のポイントを実践的に解説いたします

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

講師の言葉

 技術ロードマップを使うマネジメントでは、ステージゲート方式による進捗管理が行われるが、ロードマップ絶対主義的な運営を理想とみなしてしまっていないだろうか。技術ロードマップの本来の機能は「意思疎通」であり、その基本を忘れずに、かつ、日本の習慣とも整合するようなマネジメントを目指すためのヒントを提供したいと考えています。

 その他、他社のロードマップを予測する視点、規格や規制と整合したロードマップ作成のためのポイントやオープンイノベーションに向けた社外連携プロジェクトへの注意点などにも触れます。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年11月09日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナー研究開発・商品開発・ ビジネススキル
受講対象者 ・研究開発マネジメントに関わる計画作成に携わる方
・研究開発現場でロードマップ管理を実施または監督する立場にある方
・これから、研究開発現場でロードマップ等によるマネジメントの導入を計画されている方な
予備知識 ・研究開発の現場に関する常識的な知見
修得知識 ・技術ロードマップを利用したマネジメントの実践方
プログラム

1.技術ロードマップの概要
  (1).プロジェクトを技術ロードマップに落とし込む
     a.ロードマップ図表例
     b.広義のロードマップ
     c.プロジェクト立案の流れ
  (2).ロードマップマネジメントの一般的手順
     ・ステージゲート方式
  (3).目的別の使い分け
  (4).技術ロードマップの3つの役割
     a.戦略型ロードマップ
     b.広報型ロードマップ
     c.戦術型ロードマップ
 

2.ロードマップは意思疎通ツール
  (1).情報共有のプラットフォーム
     ・ロードマップ図表例について
  (2).ポートフォリオは差別化のために
     a.ポートフォリオとは?
     b.三角ポートフォリオ計算式
     c.事業戦略的なポートフォリオ軸の例
  (3).エントリーマーケット
     a.エントリーマーケットの特徴と役割
     b.エントリーマーケットを記述した例
  (4).プロジェクト撤退の意思決定・説得材料として重要

3.ロードマップ利用に伴うデメリットの回避策
  (1).ありがちなロードマップ作成上の問題・課題
  (2). 「技術戦略マップとは」
     a.経済産業省技術戦略マップについて
     b.技術戦略マップの展開状況
     c.事業の進捗状況を把握するためのフレームワーク
  (3).他社事業の把握
     ・ロードマップ図表例
  (4).アカデミアと民間企業をつなぐ技術戦略マップ
     a.アカデミックロードマップの例
     b.日本における科学技術予測
  (5).リスクマネージメントとロードマップは相補的
     a.ロードマップ自体に内在するリスク要因
     b.ロードマップ悪循環のストーリー

4.規制適正化や標準化戦略をロードマップに組み込むための参考実例
  (1).熱交換型換気扇の例
     a.製品普及に影響を与える社会システムの例
      ・ネットワーク外部性とロックイン
     b.社会システムによる普及のバックアップ効果
     c.差別化戦略
  (2).太陽光発電の例
     a.規制適正化によって市場化が可能になった事例
     b.事業者、消費者のそれぞれの視点から見た規制適正化の必要性
  (3).政府機関の行動原理を理解しておこう
     ・経済産業省における政策選定プロセスの例
     ・技術普及の課題と、関連する社会的アクティビティー

5.オープンイノベーションへの応用
  (1).オープンイノベーション実践のためのポイント
  (2). 共同研究に向く研究者の見分け方
  (3).ロードマップ策定・運用上のボトルネックは何か
  (4).オープンイノベーションのビジネスモデルを考える上での全体バランス

キーワード 技術ロードマップ オープンイノベーション ポートフォリオ エントリーマーケット 社会システム リスク管理 標準化戦略
タグ イノベーションマーケティング技術経営経営・マネジメント研究開発商品開発新事業
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日