技術経営(「ロードマップ」「コア技術」「ステージゲート」)の実践活用と構築・運用のポイント <オンラインセミナー>

~ 全社開発体制の構築・マネジメントの調和的実践、オープンイノベーションの留意点と成功のポイント、イノベーター人材の育成と強化 ~

・技術経営(MOT)における具体的なロードマップ・コア技術・ステージゲートの実践活用の事例を学び自社の展開ポイントが修得できる講座!

・「ロードマップ」「コア技術」「ステージゲート」を調和的に機能させ、MOTを効果的に実践しよう! 

・MOTを実践してきた実務経験豊富な講師が実体験をもとに自社へ展開するためのポイントを解説する講座!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 製造業の企業活動の原点はイノベーション創出であることは自明です。イノベーション創出とは技術をビジネスに変換し、お客様の価値を創出することに他なりません。この課題を扱う学問としてMOT(技術経営)は広く知られていますが、理論を自社に適合することは非常に難しく、また導入した後も運用するには抵抗を伴うことを体験しました。

 今回のセミナーでは「なぜ、MOTの導入が難しいのか、どのような視点で考えれば仕組みが構築できるのか、仕組みを上手く運用するポイントは何か」について、MOT理論の展開プロセスや活用事例についてご紹介します。具体的には「全社横断的な開発構築」に向けて

 ・ロードマップを核にした開発戦略

 ・コアを明確にしたプラットフォーム技術戦略

  ・ステージゲートを活用した最適マネジメント

が調和的に機能することが重要です。

  また、「新規分野への挑戦」はオープンイノベーションの考え方を実践し外部と協創する中でイノベーションを生み出していくポイントをご紹介します。最後に、イノベーション創出に最も重要なことは「人材づくり」であり、イノベーターが活躍できる環境とはどのようなものか、それを実践できる組織構築について実体験を基にご紹介します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年12月03日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナー研究開発・商品開発・ ビジネススキル
受講対象者 ・研究開発部門や事業部門の開発マネジャーやチームリーダー・プロジェクトリーダーの方
・横断的開発推進をご担当される開発企画(戦略や推進)部門のリーダーや企画担当の方
・新規分野を開拓される企画部門のリーダーや企画担当の方
予備知識 ・技術経営(MOT)の基礎知識(ロードマップやステージゲートなど)があればより理解しやすい
修得知識 ・一般的な理論である技術経営(MOT)を具体的なロードマップ・コア技術・ステージゲートなどの実践活用の事例を通じて自社へ展開するポイントが修得できる
・部門横断的な開発マネジメントの仕組みの構築や運用に関するポイントが修得できる
・新規分野へのテーマ提案とそれを実現する最適なマネジメントのポイントが修得できる
・イノベーター人材が活躍できる環境や組織づくりのポイントが修得できる
プログラム

1.全社開発体制の構築
  (1).ムラテックのご紹介
  (2).MOTの基礎
    a.MOT(技術経営)とは何か︖
    b.MOT(技術経営)の目指すもの
    c.「ものづくり」 と 「価値づくり」
    d.イノベーションとは
    e.経営/事業/R&D戦略の整合性
  (3).全社横断的な開発体制の構築

2.全社開発マネジメントの調和的実践
  (1).ロードマップを核にした開発戦略
    a.ロードマップを自社に導入し、定着・活用・成長させるポイント
    b.ロードマップによる戦略の整合性
  (2).コアを明確にしたプラットフォーム技術戦略
    a.コア技術戦略の考え方
    b.技術の再定義と要素技術の棚卸
    c.コアの宣言
  (3).ステージゲートを用いた最適な開発マネジメント
    a.イノベーションを生み出す為の開発プロセスマネジメントの構築と運用のポイント
    b.ステージゲートの設計
    c.開発マネジメントの構図
    d.プロジェクトの推移と評価

3.新規分野への挑戦
  (1).新規分野取り組み事例と開発体制
    a.新規分野に必要な3つの要件
    b.新規事業に向けた開発体制
    c.カオスを受け入れるマネジメント
  (2).オープンイノベーションの留意点と成功のポイント

4.イノベーションを生み出す決め手は「人」
  (1).イノベーター人材の育成と強化
    a.技術伝承、「コア人材の育成と強化」
    b.次世代リーダーの育成
  (2).チャレンジを是とする企業風土が不可欠

キーワード MOT 技術経営 ロードマップ プラットフォーム ステージゲート オープンイノベーション イノベーター
タグ イノベーション技術経営研究開発商品開発新事業
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日