人工知能を活用した「エージェント」の基礎と対話システム設計への応用

~ ヒューマンエージェントインタラクションの基礎と対話システム設計への応用 ~

・擬人化された「話すシステム」、エージェントを活用した対話システム開発を修得する講座
・ヒューマンエージェントインタラクションの基礎と最新技術を学び、人とのコミュニケーションをスムーズにするシステム・ロボット・機器の開発に活かそう!

講師の言葉

 SiriやGoogle Home、Amazon Alexaなど、近年、しゃべるシステムが普通に人間とやり取りを行うようになってきた。このような擬人化されたシステムはエージェントと呼ばれており、次の人工知能(AI)の重要なテーマとして人間とエージェント間のやり取りをうまく設計することで、これまでになかったようなサービスの提供や、新しい世界を創造することが可能である。
 これらを探求する研究分野である、ヒューマンエージェントインタラクション(HAI)の基礎から応用について、重要な概念の説明や、最新の実例、応用例をあげながら、詳しく解説したいと思います。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年06月29日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・システム、ソフト、インタフェース開発に携わる方、将来のAIに興味がある一般の方から人間とやり取りをするシステムを扱う企業の方など、どなたでも参加可能です。
予備知識 ・数式もなるべく出さないようにし、特別な予備知識が必要ないように説明致します。
修得知識 ・ヒューマンエージェントインタラクションの基礎と対話システムの設計技術を修得できます。
・10数年以上前から現在に至るまで、HAIの研究分野で議論されてきた重要な概念や、最近のトピック、将来の話など、今後のAIにとって重要な話が幅広く修得できます。
プログラム

1. 人工知能とは
  (1). 人工知能研究
  (2). ハイプサイクル
  (3). AI分野における対話研究
  (4). インタラクション研究

2.ヒューマンエージェントインタラクション(HAI)の基礎
  (1). インタラクションデザイン
  (2).エージェントの方法論
      a. HAI研究の目的
      b. HAIのモデル
      c. HAI設計

3. HAIにおける対話システムの設計
  (1). 言語分野における対話
  (2). ポライトネス理論
  (3). HAIにおけるポライトネス対話設計論

4.人狼知能とHAIシステム開発への活かし方
 コミュニケーションゲーム人狼をプレイする人工知能を「人狼知能」と呼んでいる。人狼ゲームをプレイする人狼知能の開発やコンペティションを通して、
 人工知能エージェントの発展を目指しており、身体性を含めたHAI研究の応用が行われている。

(1). 人狼知能プロジェクトと人狼知能大会
(2). 人狼知能とHAI

5.雰囲気工学とHAIシステム開発への活かし方

コミュニケーションの基盤・機構の解明、工学的応用のために、主に複数の人が発する言葉、表情、視線、うなずき等から生じる雰囲気を工学的に扱う領域を
雰囲気工学と呼ぶ。非言語情報をあつかうHAI研究の知見が応用される。

  (1). 集団圧力
  (2). ロボットの社会性の要件
  (3). 人を動かすテクノロジ(Persuasive Technology)
  (4). ソーシャル・キュー
  (5). エージェント社会性4要素

6.関連研究紹介

キーワード 人工知能 ヒューマンエージェントインタラクション HAI インタラクションデザイン エージェント 対話システム 人狼知能プロジェクト 雰囲気工学 
タグ AI・機械学習ロボット使いやすさ・ユーザビリティ
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日