使いやすい製品開発のためのヒューリスティック評価とインスペクション法実践講座 ~演習付~

~ 「ヒューリスティック評価」「認知的ウォークスルー」「ペルソナ・ウォークスルー」の基礎と実践テクニック ~

講師の言葉

  「インスペクション法(専門家評価)」とは評価者(専門家)がユーザーインタフェースを検査(Inspect)してユーザビリティ問題を検出するという手法の総称です。ユーザビリティテストと比較すると、インスペクション法は「安価かつ迅速に実施可能である」、「幅広いユーザーや利用状況を想定した評価が行える」、という特徴を持っています。

 インスペクション法には様々な手法がありますが、その中でも、ヤコブ・ニールセンによって開発された「ヒューリスティック評価」は代表的な手法として知られています。20年以上前に開発された”枯れた”手法ですが、今でも世界中のUX/ユーザビリティの実務家に広く用いられています。また、人間の認知モデルに基づいて操作手順上の問題点を探索する「認知的ウォークスルー」や、ペルソナから導かれる現実的なシナリオとタスクを用いる「ペルソナ・インスペクション」も実務家に重宝されています。

 本講座では、まず、ユーザー中心設計(人間中心設計)の基礎から説き起こして、インスペクション法の全体像を把握してます。そのうえで「インスペクション3大手法」にフォーカスを当てて、基礎から実務ノウハウまでを詳しく解説します。講義と豊富な演習を交えた実践的な内容の講座です。奮ってご参加ください。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年11月18日(月) 10:00 ~ 18:00
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・ユーザーエクスペリエンス部門の担当者の方
・インタラクションデザイナー、ユーザーインタフェースデザイナーの方
・ウェブディレクター、ウェブデザイナーの方
・ソフトウェア技術者、GUIを担当するソフトウェア技術者の方
・品質保証部門の技術者の方
・企画部門、マーケティング部門の担当者の方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・UX/ユーザビリティ評価法の基礎知識
・「ヒューリスティック評価」の基礎と実践テクニック
・「認知的ウォークスルー」の基礎と実践テクニック
・「ペルソナ・ウォークスルー」の基礎と実践テクニック

*当日は講師の著書をお配りいたします
プログラム

1.イントロダクション
  (1).使われないシステム
  (2).ユーザビリティ
  (3).ユーザーエクスペリエンス
  (4).ユーザー中心設計(人間中心設計)

2.UX/ユーザビリティ評価法
  (1).総括的評価と形成的評価
  (2).分析的手法と実験的手法

3.インスペクション法
  (1).インスペクション法概論
  (2).主なインスペクション手法

4.ヒューリスティック評価
  (1).ニールセンの10ヒューリスティックス
  (2).ヒューリスティック評価の実施手順
  (3).ヒューリスティック評価演習

5.認知的ウォークスルー
  (1).探査学習モデル
  (2).認知的ウォークスルーの実施手順
  (3).高速化(Stream-lined)認知的ウォークスルー
  (4).認知的ウォークスルー演習

6.ペルソナ・インスペクション
  (1).ペルソナとシナリオ
  (2).ペルソナ・インスペクションの実施手順
  (3).ペルソナ・インスペクション演習

7.エピローグ
  (1).インスペクション法の活用と課題
  (2).質疑応答

キーワード ユーザビリティ ユーザーエクスペリエンス ユーザー中心設計 人間中心設計 インスペクション法 ヒューリスティック評価 認知的ウォークスルー ペルソナ・インスペクション
タグ コンテンツ商品開発ソフト管理新事業ソフト教育デザインハードウェア記述言語感性・脳科学・認知工学使いやすさ・ユーザビリティ人間工学
受講料 一般 (1名):51,700円(税込)
同時複数申込の場合(1名):46,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日