技術・マネジメント課題解決のための 「なぜなぜ分析」の基礎と効率的な進め方

~ 豊富な演習を通して学ぶ、実践で活かせる「なぜなぜ分析」の効率的な進め方 ~

・研究開発、生産現場、営業など多岐に亘る部署で活用できる「なぜなぜ分析」について演習を交え修得するための講座
・なぜなぜ分析を効果的に活用し、技術的な問題やマネジメントにおける課題を解決するためのスキルを磨き上げよう!
・当日は講師の著書をお配り致します

講師の言葉

技術的問題やマネジメント課題の解決に有用な「なぜなぜ分析」の進め方について、解説と同時に豊富な演習問題を通し、実務で活用できるよう理解して戴きます。
研究開発や営業の現場はもちろんのこと、ヒューマンエラーなどのような生産現場など現場で発生する問題において、「なぜなぜ分析」の指導経験豊富な講師が、効率的に真因を追究する分析スキルを今以上に磨き上げるための講義をします。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年10月10日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 品質・生産管理・ コスト・安全研究開発・商品開発・ ビジネススキル
受講対象者 ・業種は問わず、研究、開発、設計、生産技術、製造、営業技術等、全ての方
予備知識 ・QC手法(特性要因図、系統図法など) (概念的で可)
修得知識 ・技術やマネジメントにおける課題解決に不可欠な「なぜなぜ分析」を、実務で実践するためのスキルが身に付けられる
プログラム

1. 分析の基本と基本的な分析手法
  (1). 分析の基本 
       a. 「見える化」の重要性について 
        ・「見える化」のための工夫と努力
        ・加工点と作用点の絵  (演習問題1) 
       b. 「QCセンス」の重要性について 
        ・「QCセンス」の醸成
        ・身につけたい「QCセンス」 
  (2). 基本的な分析手法
       a. 「原因」追求のための基本的なQC手法 
        ・特性要因図の使い方
        ・系統図法の使い方 (演習問題2) 

2. 効率的な真因追求のための「なぜなぜ分析」の進め方 【技術的問題編】
  (1). なぜなぜ分析手法 
      a. 「なぜなぜ分析手法」とは
        ・「メカニズム分析」の進め方
        ・メカニズムの絞り方
        ・検証しながら前に進む消去法
  (2). 構造認識 
      a. 構造を知らずしてメカニズムを語るなかれ (演習問題3)
  (3). 原理・原則からの追求
      a. 原理・原則とは
        ・原理・原則から攻める「なぜなぜ分析」の進め方
      b. ヒューマンエラーの分析方法 (演習問題4)
      c. 製品の機能故障の分析方法 (演習問題5)

3. 効率的な真因追求のための「なぜなぜ分析」の進め方【マネジメント課題編】
  (1). 技術問題との相違点の説明
  (2). 総合演習問題  (演習問題6)
  (3). 復習・総合質疑

キーワード QC なぜなぜ分析 真因追求
タグ コミュニケーションヒューマンスキル技術経営人材育成問題解決・アイデア発想
受講料 一般 (1名):50,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):45,100円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは現在募集を締め切っております。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日