ソフトウェア品質向上のための仕様書・設計書のドキュメントレビューとその実践 ~演習付~

~ ドキュメントレビューの観点、文書診断の実践、図表のドキュメントレビュー、ソフトウェア品質向上 ~

ソフトウェア品質向上のためのドキュメントレビュー技術を学び開発問題回避へ活かすための講座
効率的かつ実践的にドキュメントレビューを推進するためのノウハウを学び、実務に活用しよう!

講師の言葉

 ソフトウェア製品への品質要求が高まるに伴い、開発プロセスの中での仕様書や設計書などの開発文書が重要な役割を担ってきています。その開発文書に記載すべきことが明確に書かれているかを調べるための、ドキュメントレビュー技術を学びます。
 たとえば、要求仕様書にあいまいな記述が記載されていた場合、それは、要求自体があいまいである可能性があり、要求定義者のあいまいな思考の表れであるとも言えます。このような開発文書の記述がきっかけとなり、開発上の重大な問題を引き起こす例は少なくありません。それを回避するために、開発プロセスの中でドキュメントレビューを実施します。
 本セミナーでは、レビューの意義や重要性を再確認します。その上で、効率的にドキュメントレビューを進めるため、レビューの観点に着目したグループ討議や実習も行います。
 形骸化されたレビューではなく、レビューの役割を認識した上で、効率的かつ実践的なレビューにつなげるために、ドキュメントレビューを基礎から学ぶセミナーです。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年04月05日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・ソフトウェア開発成果物のレビュー担当者
・各種開発文書の作成もしくは査読を担当される方
・開発チームのマネージャ、リーダー、管理職の方
・レビューに関わる組織の管理職、職場リーダーの方
・ソフトウェア開発のプロセスと成果物の品質を向上させたい方
・自動車、システム、組込、その他関連企業の方
予備知識 ・1~2年以上のソフトウェア開発経験があることが望ましい
修得知識 ・ソフトウェア開発プロセス上のドキュメントレビューの意義を理解し説明できる
・ドキュメントレビューの方法を学び、業務に展開できる
・ドキュメントレビューを実施し、品質向上につながるレビュー報告書を作成できる
プログラム

1.レビュー総論
  (1).レビューの位置づけと種類
  (2).レビューの有効性

2.ドキュメントレビュー要説
  (1).ソフトウェア開発とドキュメンテーション
  (2).ドキュメントレビューとは
  (3).ドキュメントレビュー技術:文書診断
  (4).文書診断の観点

3.文書診断の実践
  (1).診断項目の確認
  (2).指摘事例
  (3).診断演習
  (4).ドキュメントレビュー実習

4.図表のドキュメントレビュー
  (1).図・表・文章
  (2).図表のレビュー
  (3).表の例
  (4).図の例:UMLダイアグラム

5.ソフトウェア品質向上への活かし方
  ・レビューのポイント

キーワード レビュー ソフトウェア開発 ドキュメント 資料作成 仕様書 技術文書 図表 グラフ 品質向上 
タグ ソフト品質仕様書・要件定義
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日