実験計画法の基礎と実践における活用ポイントの習得講座 ~1人1台PC実習付~

~ 実験計画法の基本と統計データ解析手法、検定と推定の考え方、分析手法、実践的使用法とその留意点 ~

・実践的な実験計画法とその正しい使い方および分析手法を修得するための講座!!

・効率のよい実験計画の立て方と得られた実験データをどのように解析して結論を出すかの最も効果的な手法を修得し実務に活かそう!

講師の言葉

 技術開発、生産性評価、マーティング等の幅広い分野においていろいろな要因が絡み合った複雑な問題を解決する手法として、実験計画法は使われています。また最近ではパソコンソフトによって容易に実験計画法を利用することができるようになってきた反面、原理を理解せずに誤った使い方をしている例も見られます。
 本セミナーでは、実験や測定で避けることのできない誤差の取扱いを理論的に学ぶことによって、データ解析の基本的な手法を身につけ、実験計画の基礎的な考え方を理解することを目指します。また、実際にパソコンを使用した演習によって、実践的な実験計画法の使い方を身に付けることを目的とします。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年02月13日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・実験計画法を基礎から学びたい方
・技術開発、生産性評価、営業企画、マーティング部門の方々
・実験部門の方々
・新しい商品・サービスのコンセプトや仕様を考える部門の方
予備知識 ・高校卒業程度の統計に関する知識
修得知識 ・実際の場面において、どのような実験を計画したらいいか、また実験データの分析をどのように行えばよいかという実験の計画と分析手法に関する知識
プログラム

1. 統計解析の基礎
  (1).実験計画法と統計解析
    a.実験計画法とは                
    b.データと統計解析              
    c.正規分布                  
    d.統計量の分布  
  (2).検定と推定
    a.検定と推定の考え方             
    b.母数の検定
    c.t検定 
    d.F検定
  (3).演習
    ・ Excelを用いた統計解析

2. 実験計画法
  (1).分散分析法
    a.分散分析の考え方               
    b.一元配置分散分析 
    c.二元配置分散分析              
  (2).乱塊法と分割法
    a.乱塊法の考え方                 
    b.分割法の考え方 
  (3).直交表実験計画
    a.2水準直交表                   
    b.3水準直交表 
    c.わりつけ方法                   
  (4).演習
    ・ Excelを用いた実験計画法

キーワード 実験計画法 統計解析 分散分析法 乱塊法 分割法 直交表 誤差 水準直交表
タグ 実験計画・多変量解析
受講料 一般 (1名):49,680円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,280円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日