DRBFMの基礎とソフトウェア開発における活用・成功のポイント ~演習付~

~ DRBFMワークシートの目的、記載内容、作成時の注意点と成功のポイント、新規開発とDRBFM ~

・良いDRBFMやDRBFM のあるべき姿を理解して、実施成功を実現させるための講座
・演習を通して実践的にDRBFMの成功のポイントを修得し、ユーザから高い満足度が得られ、価値のあるDRBFM の推進に活かそう!

講師の言葉

 問題の未然防止を目的にDRBFMを導入するソフトウェア開発プロジェクトが増えています。
 ハードウェア開発における成果からDRBFMへの期待は大きいもののソフトウェア開発の事例が少ないために個人まかせになったり、よく分からないために形だけのワークシートやレビューになったりする例が多くあります。DRBFMは時間の無駄だ、意味がないと考えながらも決まりであるために実施せざるを得ず、負担となっている現場も少なくありません。
 DRBFMはフォーマットがあるものの埋めれば未然防止が図れるわけではなく、非常に創造性が求められる手法です。現場にとって意味のあるDRBFMを実施するためにはDRBFMの効果を理解したうえでプロジェクトに応じて作り上げていく必要があります。
 本セミナーではワークシート作成時のポイントをお伝えするとともに演習とディスカッションを通して良いDRBFM、伝わるDRBFMはどういったものかを理解し、実施できるようになることを目指します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2018年12月13日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・ソフトウェア開発においてDRBFMを実施して困難を感じておられる方
・ソフトウェア開発においてこれからDRBFMを実施しようとされている方
・システム、ソフト部門の方、品質保証に関わっておられる方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・DRBFMワークシートの目的、記載内容が分かる
・自身のプロジェクトに応じたDRBFMを考えられる
プログラム

1.本講座の目標
  ・良いDRBFM 、DRBFM のあるべき姿を理解して意味のあるDRBFM を推進できるようになる
  ・DRBFM の考え方を身につける
  ・DRBFM の思い込みを捨てる
  ・DRBFM を効果的に実施する

2.DRBFMとは
  (1).DRBFMの定義
  (2).良いDRBFMとは
  (3).DRBFM ワークシート
    ・機能
    ・部品名/変更点
    ・変更に関わる心配点
    ・心配点はどんな場合に生じるか
    ・お客様への影響
    ・重要度
    ・心配点を除くためにどんな設計をしたか
    ・推奨する対応
  (4).DRBFMがうまくいかない理由
  (5).DRBFMワークシート作成時の注意点

3.DRBFM の成功のポイント
  (1).故障モードの抽出がすべて
  (2).ワークシートを変えてスモールステップで成功事例を増やす
  (3).ソフトウェア開発に導入するために工夫する
  (4).理想の形での成功を最初から求めない
  (5).DRBFM の効果を知る

4.演習とディスカッション

5.DRBFMの活用
  (1).新規開発とDRBFM
  (2).新規開発での故障モードの例

キーワード DRBFM ワークシート 部品名 変更点 機能 故障モード
タグ リスク管理ソフト品質品質管理未然防止FMEA・FTA
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日