基礎から学ぶ原価計算とその活用ノウハウ

〜 損益計算書の基本、製品別計算、標準原価計算、損益分岐点分析、マーケティングへの活用 〜

・会計知識のない技術者の方でも原価計算の基礎と仕組みが理解できる講座

・原価の構造と原価計算手法を十分に理解し、コスト意識を高め、効果的なコストダウンへの取り組みに活かそう!

講師の言葉

 「コスト意識を高めよう」という標語は、多くの企業で用いられています。昨今のように景気が低迷すると、売上の増加が期待できず、利益を確保するためには、コスト削減が必須となっていることもその理由と考えられます。
 損益計算書に表れるコストの大半は「売上原価」と「販売費及び一般管理費」ですが、「売上原価」を構成する製品の製造原価は、コストの中でもウェイトが高く、企業の利益獲得に直結するものです。
 したがって、製造業では、一定の品質を維持しつつ、できるだけコストを抑えて製品を作ることが、企業の競争力を高めるために必要となってきます。企業の生産する製品の原価計算の手法を理解し、原価の構造を十分理解することで、コスト意識を高め、コスタダウンへの取り組みが可能となります。
 一方、原価計算のルールとして、古くから用いられている「原価計算基準」というオフィシャルなルールが存在しますが、その限界が指摘されています。そのため、その限界を克服する手法として、活動基準原価計算という新しい考え方も使われるようになってきています。
 本講演では、原価計算の基礎と仕組みを会計の知識のない方でも理解いただけるように、分かりやすくご説明いたします。是非ご参加ください

セミナー詳細

開催日時
  • 2017年04月04日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・製造業の技術開発等の担当者で、原価計算の基本的な知識を保有されていない方 ・普段の業務の遂行に当たって、原価計算の基礎知識が必要だと感じられている方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・原価計算の考え方の大枠(森、木、枝、葉でいえば森の部分)と普段の業務で活用するための基本的な考え方
プログラム

1.原価計算の基本概念
  (1).損益計算書の基本
  (2).原価の諸概念

2.費目別計算と部門別計算
  (1).費目別計算とは
  (2).部門別計算とは

3.製品別計算
  (1).個別原価計算の考え方と計算方法
  (2).総合原価計算の考え方と計算方法

4.標準原価計算
  (1).標準原価計算とは
  (2).原価差異

5.直接原価計算と活動基準原価計算
  (1).直接原価計算とは
  (2).活動基準原価計算とは

6.原価計算の活用ノウハウ
  (1).損益分岐点分析 
  (2).事業部別損益計算
  (3).活動基準原価管理
  (4).マーケティングへの活用

キーワード 原価計算 個別原価計算 総合原価計算 標準原価計算 活動基準原価計算 損益分岐点 
タグ 技術経営経営・マネジメント原価・財務・会計
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日