デザイン思考の基礎と製品・サービス開発への応用 〜演習付〜

〜 デザイン思考の必要性とステップ、アイディア出しとテスト、応用事例 〜

創造的問題解決手法として注目されているデザイン思考を基礎から学び応用するための講座

ユーザに対する共感によって得られるインサイト(洞察)をもとにアイディアを発想し、製品やビジネスモデル開発に活かす「デザイン思考」の実践セミナー!

講師の言葉

 IoT、デジタルビジネスなど大変革が進み、今までの常識とは異なる時代がやってきました。単に安くて良い製品やサービスを考えるだけでは、企業は生き残れません。新しい製品やサービスを企画するときに、ユーザーの意見を聞くというのは常識でしょう。しかし顧客に単純にアンケートをとっても表面上のニーズしか取得できません。また比較的容易に取得できるため競合他社も同時期に同じニーズを捉えています。当然同じニーズから製品やサービスを開発すれば、リリースと同時にコモディティ化してしまいます。
 そこで、デザイン思考では、まず顧客自身も気が付いていないニーズ=インサイト(洞察)を捉え、製品やサービスのアイディアを考えます。顧客は製品やサービスを実際に使ってみてはじめて、自分が望んでいたものだと気が付きます。そのためプロトタイプをつくることが必須になります。最終的に顧客からの視点だけではなく、提供者側の視点を考えることで、ビジネスとして成立するかを検討します。
 講習では、ワークショップをふんだんに取り入れてデザイン思考の考え方を体感して頂きます。

セミナー詳細

開催日時
  • 2016年10月12日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン研究開発・商品開発・ ビジネススキル
受講対象者 ・製品、サービスを企画する方 ・システム企画部門の方 ・創造的な開発技法を学びたい方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・デザイン思考の概要と活かし方を把握できる
プログラム

1.イノベーションの必要性
 (1).デジタルビジネスによる変化
     a.インダストリー4.0、インダストリアル・インターネット、IoT、フィンテック
     b.デザイン思考の必要性

2.デザイン思考のステップ
 (1).デザイン思考の基礎
     a.IDEO、スタンフォード大学D.school
 (2).共感(Empathize)
     a.行動観察、デプスインタビューなどによるインサイト(洞察)の把握
 (3).問題定義(define)
     a.エクストリームユーザー
 (4).創造(ideate)
     a.アイディア出し手法の紹介、ブレインストーミング、スピードストーミング、逆転の発想、バイアスの破壊
 (5).プロトタイプ(prototype)
     a.プロトタイプの重要性、種類
 (6).テスト(test)
     a.アクティングアウト

3.デザイン思考の応用
 (1).ビジネス化の検討と事例
     a.ビジネスモデルキャンバス
 (2).事例
     a.IT。データ転送に関する新サービスをリクルーティングした対象者に対して実施したデプスインタビューをインプットに検討
     b.製造業。自社の持っている技術(製品)の新たな使い方を、シーズニーズ変換をベースに検討など

キーワード デザイン思考 行動観察 デプスインタビュー インサイト エクストリームユーザー プロトタイプ アクティングアウト ビジネスモデルキャンバス
タグ サービスコンテンツ商品開発問題解決・アイデア発想デザイン
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日