Pythonの基礎とデータ分析への活用法〜1人1台PC実習付〜

〜 Pythonの基礎と実習、代表的パッケージの使い方、データ可視化と多変量解析・機械学習への活用 〜

  • Pythonを基礎から修得して統計分析やデータ分析に活かすための講座
  • Pythonの使い方と多変量解析への活用ノウハウを学び、統計分析に応用しよう!

    ※PCは弊社でご用意致します

講師の言葉

 Pythonは近年注目されつつあるプログラム言語です。様々な計算のためのパッケージが提供されていることもあり、特に科学技術分野で盛んに利用されています。反面、実行に至るまでの設定やパッケージの使い方など、わかりづらいところもあります。
 本セミナーでは、Pythonをはじめて使う人を対象に、データ分析手法を中心とした利用方法について説明します。また、実際の演習を交えながら、自らが分析をできるようになることを目的とします。

セミナー詳細

開催日時
  • 2016年06月06日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン研究開発・商品開発・ ビジネススキル
受講対象者 ・手元のデータの活用方法について知りたい方 ・Pythonの入門者 ・Pythonを使用した統計分析に興味のある方
予備知識 ・大学の初等数学程度の知識、エラーメッセ―ジが読める程度の英語能力、基本的な統計的知識などがあれば理解が深まります
修得知識 ・Pythonの基本的な使い方 ・Pythonを使用した統計分析
プログラム

1.Pythonの基本的な文法と実行
 
(1).Jupyter(ユーザーインターフェイス)の使い方
 (2).データの入出力
 (3).演算、関数の使い方
 (4).Pythonによる実習

2.パッケージの使い方
 
(1).pip、setuptoolsなどの使い方
 (2).代表的なパッケージのインストール
 (3).パッケージの使用方法
 (4).Pythonによる実習

3.matplotlibによるデータの可視化
 
(1).matplotlib、seabornの使い方
 (2).グラフの種類
 (3).Pythonによる実習
 (4).高度なグラフ

4.Pandas、Numpyによる多変量解析
 
(1).重回帰分析について
 (2).主成分分析について
 (3).クラスター分析について
 (4).Pythonによる分析

5.Scikit.learnによる機械学習
 
(1).scikit.learnについて
 (2).決定木分析
 (3).非階層型クラスター分析
 (4).Pythonによる分析

6.発展的な内容と質疑
 
(1).サポートベクターマシン
 (2).ニューラルネットワーク
 (3).シミュレーション
 (4).Pythonによる実習と質疑応答

キーワード Python Jupyter pip setuptools matplotlib Pandas Numpy Scikit.learn  サポートベクターマシン ニューラルネットワーク 機械学習
タグ ソフト管理ソフト教育データ解析画像処理OS・言語R言語
受講料 一般 (1名):49,680円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,280円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日