日本の科学技術政策・ロードマップと研究開発マネジメント実務への活かし方

〜 イノベーション総合戦略、科学技術の国家プロジェクト、技術ロードマップ、サービス・イノベーション、イノベーション創造手法 〜

・最新の技術政策や技術予測を通して、研究開発戦略構築に活かすための講座

・エキスパートの方が技術経営(MOT)にもとづいて研究開発戦略、技術戦略の構築と運用のポイントを解説する特別セミナー!

講師の言葉

 本講習においては、日本の最新の科学技術政策、産業技術政策から研究開発戦略、商品開発までの方法論、考え方をMOT(技術経営)に基づいて修得します。
 また最新の科学技術動向から、人工知能、IoTの方向性、製造とサービスが一体化したPSS(Product Service Systems)の考え方等にも展開します。
 科学技術の政策や国家プロジェクトの展望を通して、産業への波及や影響力を見通し、今後の企業における研究開発戦略、技術開発戦略の指針や方向性を見定めるのに役立つ内容の講座です。

セミナー詳細

開催日時
  • 2016年01月06日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 研究開発・商品開発・ ビジネススキル
受講対象者 ・研究企画・経営企画担当者、研究開発担当役員・管理職の方 ・新技術開発・新事業開発技術の担当者の方
予備知識 ・技術経営、プロジェクトマネジメントの素養があれば理解が容易となりますが、特段の予備知識は不要です
修得知識 ・最新の日本の科学技術政策、産業技術政策、技術予測・技術ロードマップ ・研究テーマの創造・改廃のポイント ・創造的なイノベーション創造手法
プログラム

1.日本の最新の科学技術政策
  (1).科学技術基本計画
  (2).イノベーション総合戦略
  (3).SIP
 ・2016年度から始まる第5期科学技術基本計画、2030を見据えて年度毎の計画を示すイノベーション総合戦略、それに伴う科学技術の国家プロジェクトについて解説し、産業への波及、企業戦略への展開に言及します。

2.技術予測とロードマップ
  (1).技術分野全体の傾向
  (2).インダストリー4.0
  (3).インダストリアルインターネット
  (4).IoT
  (5).人工知能技術の発展
  (6).ライフサイエンス、メディカル技術の発展
 ・2015年に発表した最新の技術予測結果、技術ロードマップをもとに今後重要となる科学技術の方向性について解説します。

3.サービスイノベーション
  (1).製造業のサービス化
  (2).PSS(Product Service Systems)
 ・製造業の付加価値向上に寄与するサービスモデルの概念を、米国のGEの事例や日本のコマツの事例等から修得します。

4.研究開発マネジメント
  (1).ステージゲート法
  (2).PACE法
 ・研究開発テーマの評価と改廃の意思決定を行う研究開発マネジメント手法として代表的な、ステージゲート法、PACE法について、解説を行い、実際の運用面でのポイント等をお話しします。

5.創造的なイノベーション手法
  (1).考え方
  (2).組織
 ・創造的なイノベーション創造手法について、米国3Mの事例、日本の住友3Mの事例を元に概説します。

6.まとめ

キーワード 科学技術政策 技術予測 ロードマップ サービスイノベーション 研究開発マネジメント イノベーション創造手法 
タグ イノベーションサービス特許・知的財産技術経営経営・マネジメント研究開発商品開発新事業
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日