セミナー情報

セミナー検索結果: 333 件中 1 - 40 件を表示

1

2

3

4

5

6

7

8

9

次へ>

自動車軽量化を実現する樹脂・プラスチックの材料評価と成形加工法および その応用

〜 各種自動車用樹脂の役割と熱マネージメント、成形加工法とハイサイクル化、高機能・高性能部品への応用 〜

2015年 5月26日(火)

めっきトラブルと未然防止の勘どころ

〜 めっきのメカニズム、各工程における品質トラブル事例、未然防止のための品質・工程管理と改善策 〜

2015年 5月26日(火)

ソフトウェア開発におけるデザインレビューの効果的な進め方と問題解決策〜演習付〜

バグをなくし、品質向上を実現するための講座〜レビュー観点の捉え方、レビュー結果に基づく品質の把握・問題解決方法〜

2015年 5月26日(火)

OpenCVによる画像処理の基礎とパターン認識への応用例 〜1人1台PC実習付〜

〜 OpenCVの基礎、OpenCVによる画像処理アルゴリズムと応用、パターン認識への応用と機械学習 〜

2015年 5月27日(水)

技術者のための問題解決実践講座〜演習付〜

〜問題解決力、論理構成力、現状分析、意思決定と実行力を演習で体得する〜

2015年 5月27日(水)

シール技術の基礎と漏れ防止技術

〜 トライボロジーの基礎、漏れの基礎知識とメカニズム、ガスケットとパッキンの選定・損傷例と最適な対策技術 〜

2015年 5月28日(木)

拡散接合メカニズムとその応用例および接合部の評価・検査法 〜個別相談付〜

〜拡散接合の適用例、接合の原理と改善策、異種金属接合、接合部の評価法〜

2015年 5月28日(木)

量産現場における鉛フリーはんだの良否判定と不良発生防止およびコスト改善方法〜個別相談付〜

〜はんだプロセス、適切な温度プロファイルの作成と良否判断、不良対策・解析の手順とそのポイント、フロー部品のリフロー化、トラブルに対応出来る人材育成方法〜

2015年 5月28日(木)

外観・寸法検査の自動化技術とその応用・例

〜必要な基礎技術から長所、短所、導入のポイント、検査装置の具体例まで〜

2015年 5月28日(木)

データ分析・多変量解析の基礎と事例および演習講座 〜1人1台PC実習付〜

〜データの抽出・集計、記述統計学と推測統計学、多変量解析(相関・回帰分析・クラスター分析・主成分分析)〜

2015年 5月29日(金)

機械設計における力学と強度設計の基礎講座〜演習付〜

〜機械設計に必要な力学の基礎、構造物の許容応力と安全性、破壊のメカニズムと破壊条件、壊れないための構造設計法と強度計算および事例〜

2015年 5月29日(金)

信頼性・安全性を確保するための加速試験の基礎 およびデータ解析手法とその実際例  〜演習付〜

〜加速試験の役割と国際標準化、機器・部品における加速試験の特徴と活用事例〜 

2015年 5月29日(金)

ベイズ統計の基礎と効果的な活用法および事例 〜1人1台PC実習付〜

〜ベイズ予測分布の構成方法と活用法、ベイズ決定理論に基いた合理的な判断やリスク評価の方法、マルコフ連鎖モンテカルロ法の基本〜

2015年 6月 1日(月)

計算化学の基礎と効果的な応用・例

〜ab initio 分子軌道法を用いた分子間相互作用エネルギーの解析と応用〜

2015年 6月 1日(月)

製図の基礎と正しく伝わる図面の描き方 および実機設計への活かし方とそのポイント

〜製図・機械材料の基礎、実機設計において考慮すべき基本事項〜 

2015年 6月 1日(月)

塑性加工(鍛造・プレス成形)における 摩擦・潤滑の基礎と金型寿命向上策

〜塑性加工におけるトライボロジーと潤滑技術、コーティング適用の留意点〜 

2015年 6月 1日(月)

ロバスト設計の基礎と最適化手法および実践のポイント 〜1人1台PC実習付〜

〜 ロバスト設計の基本、QFD、TRIZ、ロバスト設計時におけるトラブル対応、演習を通じた実践ポイント 〜

2015年 6月 2日(火)

ヒューマンエラーの発生要因とその具体的防止策

〜 ヒューマンエラーの発生の仕組み、整理方法、原因分析と改善事例、防止対策と構築法 〜

2015年 6月 2日(火)

電子回路設計における誤動作防止・信頼性向上の基礎とそのノウハウ 〜1人1台PC実習付〜

〜環境変化・バラツキによる影響のシミュレーション、ノイズ・過負荷・発振等の発生および誤動作を防ぐポイント〜

2015年 6月 2日(火)

Bluetooth low energy技術とビーコンによるビジネス応用例

〜Bluetooth4.2、Bluetooth Smart対応機器開発の重要事項、Bluetooth規格の最新状況、位置情報サービスとBLE/ビーコンと応用事例〜

2015年 6月 2日(火)

燃料電池の基礎と最新技術および実用ポイント

〜 各種燃料電池の用途別開発動向と将来展望、固体高分子形燃料電池の性能評価・基盤技術、次世代技術への応用 〜

2015年 6月 3日(水)

点群データ処理技術の基礎とPoint Cloud Libraryの効果的な応用・例〜1人1台PC実習付〜

〜3D群の撮影原理、PCLを用いたRGBDデータの取り扱い、各応用モジュールと使い方〜

2015年 6月 3日(水)

ゴム製品の劣化・疲労寿命予測と信頼性向上策

〜疲労寿命の考え方、マイナー則の適用と疲労被害度の算出、熱劣化、オゾン劣化、接着剤のトラブル〜

2015年 6月 3日(水)

放熱設計の基礎とトラブル対策 〜1名1台PC実習付〜

〜放熱を開発プロセスから組み込む方法、放熱部材の役割と特徴、熱流体解析の使いどころ〜 

2015年 6月 3日(水)

統計的信号処理の基礎と製品開発への応用

〜 推定技術の基礎、カルマンフィルタ・パーティクルフィルタ等の各種推定技術、センサデータ・音響処理などへの応用事例 〜

2015年 6月 4日(木)

ロバスト適応制御の基礎と応用例 〜デモ付〜

〜ロバスト適応制御のエッセンス、H∞制御系設計と周辺技術〜

2015年 6月 4日(木)

車載用電子部品の品質要求適合と事例および信頼性評価法

〜放熱性と実装設計を考慮した電子部品の信頼性確保、部品の評価・試験・故障解析技術〜

2015年 6月 4日(木)

ビジネスで不可欠な「伝える力」と「聴く力」の実践修得講座 〜演習付〜

〜 ロジカルな物事の組み立て方、上手に伝えるための4原則、聴き上手への3ステップ を演習を通じて徹底的に学ぶ 〜

2015年 6月 4日(木)

車載ソフトウェア開発における機能安全(ISO26262)と対応のポイント 〜演習付〜

〜安全要求の仕様化、アーキテクチャ設計・ユニット設計・テストごとの要求と対応〜

2015年 6月 5日(金)

研究開発テーマの見つけ方と評価・選択および利益を生み出す商品開発への応用〜個別相談付〜

〜研究開発テーマの着眼点と見つけ方、開発テーマの評価・選択、事業化と取り組み方〜

2015年 6月 5日(金)

最適なベアリング・軸受の選定と使用上の不具合対策 〜デモ・演習付〜

〜最適なベアリング・軸受の選定のための重要特性、使用上の不具合と対策、取り扱い実演〜

2015年 6月 5日(金)

わくわく感や感性価値を持つ製品開発のための 感性工学の基礎と活用法

〜感性価値実現のための「感性の解明」と「感性手法」〜

2015年 6月 5日(金)

流体力学の基礎と流体損失および低減への応用

〜 流体力学の基礎、支配方程式による損失発生要因、損失評価と損失低減法への応用 〜

2015年 6月 8日(月)

騒音低減技術の基礎と遮音・吸音の対応事例 〜デモ付〜

〜遮音・吸音の基礎とシミュレーション、騒音低減材料の活用、固体伝搬音・空気伝搬音の低減技術〜

2015年 6月 8日(月)

統計分析の基礎と検定・推定の 効果的な進め方およびその応用

〜データ調査の基礎とt−検定、F検定、カイ自乗検定と推定法〜 

2015年 6月 8日(月)

ユーザビリティ評価の基礎と使いやすい製品・システム開発への応用・例〜演習付〜

〜人間中心設計プロセスの手順、使いやすさの設計事例、ユーザビリティ評価とデザインの原則、設計テクニックとそのポイント、設計段階のUCD演習〜

2015年 6月 8日(月)

樹脂用添加剤のブリード物分析法と最適化のポイントおよびブリードアウト対策

〜 添加剤とブリードアウトの基礎、評価と成分特定による適切な分析法、ブリードアウトの具体策 〜

2015年 6月 9日(火)

製品開発に活かす生体計測の基礎と計測・評価・活用のポイント 〜デモ付〜

〜脳波・心電図・筋電図による生体電気信号の計測法と活用上の注意点、計測の実演〜

2015年 6月 9日(火)

車車間・路車間通信技術と衝突回避・事故防止システムへの応用

〜ルーティング技術、車車間・路車間通信と衝突回避・事故防止システムとの連携、ITS技術とプローブカー情報の活用〜

2015年 6月 9日(火)

金属疲労の基礎と疲労強度設計への活かし方

〜金属疲労の特徴・事故事例、疲労メカニズム・疲労強度設計における実際〜

2015年 6月 9日(火)

1

2

3

4

5

6

7

8

9

次へ>

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top