金属腐食のメカニズムと防食技術のポイント <オンラインセミナー>

~ 金属腐食の基礎、腐食形態と腐食生成物、環境の影響(大気腐食・海洋環境)、耐食材料と使い方および防食技術 ~

・多数の因子が関与する腐食現象・防食技術を正しく理解し、製品設計や材料開発、品質管理、設備保全に活かすための講座!

・腐食反応・腐食形態の基礎から、環境の影響、耐食材料の使い方と防食法への応用事例までを修得し、効果的な腐食対策に活かそう!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 腐食は多数の因子が関与する複雑な現象になります。 そのため材料の理解とともに腐食環境への理解も深める事と腐食事例等を数多く理解し蓄積しておく事が大切です。実際には腐食は殆どが応用問題で、これらを組み合わせて考える事で初めて良い腐食対策や防食法の選択等を行う事ができます。

 本講義は、腐食・防食に今後携わる方や材料開発、部品設計等を主にされる方で、腐食防食の知識を基礎から学びたい方にもわかりやすく解説します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2024年03月21日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナー加工・接着接合・材料
受講対象者 ・金属腐食について修得したい技術者、研究者の方(講義は鉄鋼材料を中心に扱います)
 自動車部品、機械、輸送機、構造物、建設・橋梁
予備知識 ・高卒(理系)における物理、化学の知識
・金属材料、鉄鋼材料の知識があれば理解が深まる
修得知識 ・鉄鋼材料の腐食反応、腐食形態および各種環境での腐食減量などについて知識を得、凡そ一般的な腐食環境への理解が得られます
・鉄鋼材料の各種代表的な防食法の知識を得る事ができ、防食法への理解を深めます
・代表的な耐食鋼の知識を得る事ができ、耐食鋼への理解を深めます
プログラム

1.腐食防食の基礎

  (1).腐食反応 アノード、カソードにおける腐食反応の基礎

    a.腐食の考え方 分極曲線の見方

    b.電位-pH図の見方

    c.中性環境中での酸素還元反応

  (2).水中・中性環境における腐食反応と代表的な環境因子の影響

    a.中性水中での腐食のpHの影響

    b.温度の影響

    c.流速の影響

  (3).各種の腐食形態と腐食生成物(全面腐食と局部腐食、応力腐食割れ)

    a.腐食形態(全面腐食と局部腐食)

    b.腐食生成物の役割

    c.代表的な局部腐食(孔食、隙間腐食、異種金属接触腐食)

    d.腐食に見られる割れ(応力腐食割れ、水素脆性)

 

2.代表的な環境における鉄鋼材料の腐食、および注意すべき環境

  (1).大気腐食:大気腐食の基礎(飛来塩分や乾湿の影響など)

    a.水膜厚さと大気腐食

    b.飛来塩分・吸湿 挙動

    c.飛来塩分の計測法

  (2).海洋環境:海洋環境での腐食状況(垂直方向の腐食分布や局部腐食)

    a.海洋環境の鉛直方向の腐食プロファイル

    b.海洋での局部腐食機構

 

3.代表的な耐食材料とその使い方

  (1).低合金耐食鋼 (低合金鋼の基本的な考え方、耐候性鋼を例に)

    a.耐候性鋼にみる腐食生成物の役割

    b.耐候性鋼の適用環境

  (2).ステンレス鋼 (ステンレス鋼の基本的な考え方、不動態の考え方、腐食形態、使い方のポイント)

    a.不動態

    b.ステンレス鋼の種類 (オーステナイト系、フェライト系等)と耐食性の考え方

    c.PREの意味とステンレス鋼の耐食性 (孔食、すき間腐食、粒界腐食)

 

4.代表的な防食法とその使い方

  (1).犠牲防食 (めっきや電気防食を含む)

    a.亜鉛めっきの防食の考え方、電気防食の基礎

    b. (溶融)亜鉛めっき、

    c.亜鉛-アルミニウム合金めっき

    d.電気防食の原理とその適用範囲等

    e.自動車用防錆鋼板

  (1).塗装・ライニング(被覆防食)と被覆防食(一部金属被覆も含む)

    a.塗装・ライニングによる防食の考え方

    b.代表的な長期防食塗装系 (重防食塗装系)

    c.塗装防食における劣化機構とその対策、紫外線による劣化

  (3).腐食抑制剤(インヒビターの基礎)

    a.腐食抑制剤による防食の考え方と代表的なインヒビター

    b.防錆油、防錆剤

 

5.腐食・防食に関する注意すべき点および最近の話題から

  (1).腐食試験機(CCT試験機、ガス腐食試験機など、応力腐食割れ試験等)

  (2).腐食センサ(ACMセンサ、 電気抵抗式腐食センサ)

  (3).その他腐食防食においての注意点(事例紹介)

キーワード 腐食反応 アノード カソード 電位-pH図 腐食形態 大気腐食 海洋環境 海水腐食 局部腐食 ステンレス鋼 長期防食塗装系 めっき 腐食抑制剤 電気防食 自動車用防錆鋼板
タグ 金属腐食・防食
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日