超低摩擦化を実現するDLC技術の効果的な活用法と最新技術 <オンラインセミナー>

~ 実際に使えるトライボロジー技術とSDGsに最適なDLC適用技術、ペガサスプロジェクトおよびWTC2022Lyonから学ぶ欧州における最先端技術と今後の展開 ~

・摺動部品の摩擦特性を向上させる実践的なDLC技術と世界の最先端技術を修得し、製品への適用に活かすための講座

・環境に配慮した材料を用いた摩擦損失低減技術を修得し、SDGsの達成に貢献する製品を開発しよう!

※WTC:World Tribology Congress

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 SDGsが最重要となっている現在、トライボロジーにおいても環境にやさしい材料だけを用いた顕著な摩擦損失低減を創出する技術が強く求められている。本講義では、まず実際の自動車エンジン摺動部品の摩耗低減および摩擦低減の技術開発において役立ったトライボロジー技術の実例を紹介する。続いて、摩擦低減技術として、DLCコーティングをガソリンエンジンバルブリフタやピストンリングに世界で初めて量産適用に成功した事例を報告する。ここで、顕著な摩擦低減につながるエンジン油添加剤と水素を含有しないDLCであるta-Cとの組合せの発見に至った経緯、試験法、種々の摩擦特性を紹介する。

 さらには、環境にやさしい有機酸やアルコール潤滑下のta-Cの超低摩擦特性の発見、この発見を基にドイツで実施されているPegasus Project(超低摩擦現象の自動車パワートレーンへの適用)の進捗状況を紹介し、SDGsに沿った自動車パワートレーンをはじめとするあらゆる産業機器の摺動部品への環境にやさしい潤滑剤とDLCの組合せによる適用技術の展望について述べる。

セミナー詳細

開催日時
  • 2023年05月10日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナー電気・機械・メカトロ・設備加工・接着接合・材料
受講対象者 ・SDGsに合致する摺動部品の究極の摩擦低減や摩耗対策を必要とする、もしくは興味を持っている技術者や研究者の方
・自動車、産業機械、歯車・軸受、医療機器、食品製造機器等の製造やそれに関連する企業の方
予備知識 ・SDGsについての一般的な情報
修得知識 ・今後のSDGsに必須の開発や研究においてすぐに役に立つトライボロジー技術、特にDLCコーティング適用技術
・欧州におけるDLCの最先端技術
プログラム

1.実用トライボロジーの基礎と適用技術

  (1).実用トライボロジーとは? ~役に立つトライボロジー技術~

    a.実際のトライボロジー技術の工業適用事例

      ・新幹線から本四架橋

    b.実際の自動車エンジン摺動部品の摩耗対策の事例

      ・限られた期間内での作り上げた摩耗対策とは?

    c.摩耗評価方法の考え方

      ・市場への量産投入に向けた評価法とは?

 

  (2).実用の摩擦評価法とは? ~実用燃費改善効果と相関した評価法の考え方~

    a.実際の自動車エンジン摺動部品への低摩擦化適用技術

      ・なぜ日本車の燃費が優れているのか?

    b.世界初のDLC量産適用技術

      ・自動車ガソリンエンジンバルブリフタ、ピストンリング

    c.単体摩擦試験評価の重要性

      ・オリジナルの単体試験、部品試験、エンジン試験

 

  (3).DLCエンジン油潤滑下の超低摩擦特性

    a.DLC(ta-C)コーティングのガソリンエンジン油潤滑下の顕著な低摩擦特性

      ・特許創出の宝庫

    b.世界初のDLC量産適用技術から超低摩擦特性発見への経緯

      ・リヨン工科大権威教授との連携作り

    c.単体摩擦試験評価の重要性

      ・オリジナルの単体試験: 世界中のDLC種を評価、部品試験、エンジン試験

    d.超低摩擦特性を発現する油添加剤GMOの世界初の発見

      ・摩擦係数0.01以下

 

  (4).環境にやさしいアルコールや有機酸潤滑下の超低摩擦特性

    a.グリセリン潤滑下の超低摩擦特性

      ・シェービングクリームにも含有されているグリセリンで!

    b.オレイン酸潤滑下の超低摩擦特性

      ・オリーブオイル主成分のオレイン酸1滴で容易に発現!

    c.超低摩擦特性メカニズム解明

      ・摺動する最表面ナノメータでのトライボケミカル反応、究明途上

 

2.すべり・転がり摺動部品へのDLCによる超低摩擦グリーントライボロジー技術展望

  (1).欧州におけるSDGsに向けたDLCコーティング適用技術

    a.汎用エンジン油の特性はSDGsに合致しない

      ・鉱物油の低い生分解性と毒性!

    b.ドイツPegasus ProjectにおけるDLC適用技術とは?

      ・日本発の上記1.(3)記載の超低摩擦特性を利用!

    c.ドイツFraunhoferにおけるDLC適用技術

      ・日本発の上記1.(3)記載の超低摩擦特性の再現とメカニズム解析

    d.ドイツFraunhofer IWS 研究者との20年にわたる継続的な情報交換

      ・契約書不要の人間関係

 

  (2).欧州における歯車、転がり軸受へのDLC適用研究事例

    a.EHL潤滑下でのDLCによる顕著な低摩擦特性

      ・FZG歯車試験機で実証!

    b.EHL潤滑下でのDLCによる顕著な低摩擦特性

      ・ピストンピン摺動条件下で実証!

    c.EHL潤滑下でのDLCによる顕著な低摩擦特性

      ・転がりローラロッカーアーム摺動条件下で実証!

    d.EHL潤滑下でのDLCによる顕著な低摩擦特性メカニズム解明

      ・流体潤滑下で何故?界面油温上昇?

 

  (3).すべり軸受へのDLC適用研究事例等

    a.EHL潤滑下でのDLCによる顕著な低摩擦特性

      ・軸受試験機で実証

    b.クランクジャーナルの焼付き特性の顕著な改善

      ・アルミ合金メタルとの組合せ

    c.砂糖水1滴で超低摩擦特性の発現

      ・人に優しい超低摩擦化技術ポテンシャル!

 

  (4).環境にやさしい潤滑剤とDLCによる超低摩擦グリーントライボロジー技術の展望

    a.欧州におけるPegasus II プロジェクトの最新情報

      ・歯車ターゲット、実用化は早そう!

    b.日本とドイツ等における研究開発状況

    c.WTC2022情報&他産業への適用ポテンシャル

    d.パワトレ―ン変革期の今が最大のビジネスチャンス!

キーワード トライボロジー SDGs DLCコーティング 摩擦 摩耗 潤滑 自動車エンジン摺動部品 低摩擦化 燃費改善 単体摩擦試験評価 DLCエンジン油 有機酸 パワートレーン Pegasus Project Pegasus2 WTC2022 World Tribology Congress
タグ エコマテリアルスマートグリッドトライボロジー材料モータロボット塗装・塗布薄膜表面処理・めっき機械軸受け自動車・輸送機車載機器・部品振動・騒音設備歯車
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日