システム開発における要求仕様書のレビュー技法と実践のポイント ~演習付~ <オンラインセミナー>

~ レビューとテストの違い、レビュータイプ/レビュー技法、レビュー観点に基づいたレビューとその効果および適用方法、レビューの改善策 ~

・目的・観点・技法に基づいた効果的なレビュー技法を演習を通じて学び、トラブルの未然防止へ活かすための講座

・要求仕様の抜け漏れを防ぎ、手戻りの発生を未然防止するためのレビュー技法を修得し、実務で活かすための特別セミナー!

・「レビュー観点設定に基づくレビュー技法」の有効性を理解し、実務で応用しよう!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

https://www.j-techno.co.jp/オンラインセミナーのご案内/

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 本講座では、架空のシステム要求仕様書をベースに、アドホックレビューとレビュー目的・観点設定に基づくレビューの実践ワークと評価・考察を通じて、要求仕様書レビューの目的と観点の重要性を理解し、レビュー目的とその実現に必要な観点の設計方法(の一つ)とその効果を把握します。そしてこのアプローチを現状のレビューにどのように適用するのがよいかを解説します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2022年07月14日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナーソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・要求仕様書のレビューを担当する方
・開発関連ドキュメントのレビューを改善したい、効果を高めたいと思っている方
・システム、ソフト関連部門の技術者の方
予備知識 ・レビューの実践経験があると理解しやすい
修得知識 ・レビュー目的から必要なレビュー観点を導出する方法を把握する
・アドホックレビューとの違い(プロセス面+結果)
・実務への適用のポイント
プログラム

1.レビュー概説
  (1).レビューの目的と期待効果
  (2).レビューとテストの違い
  (3).レビュータイプ/レビュー技法
  (4).レビューの問題点 など

2.レビューの実践ワークと運用のポイント
  (1).レビュー対象成果物をいつも通りレビューする
  (2).レビュー対象成果物に必要なレビュー観点を導出・体系化する
  (3).レビュー観点に基づきレビューを実施する
  (4).観点ベースレビューの効果を(いつも通りのレビュー結果と比較し)評価する
  (5).ふりかえりにより実務への適用方法を検討する

3.まとめ
  (1).レビュー観点図とその活用
  (2).レビューの改善/レビューによる改善

キーワード システム要求仕様書 レビュー テスト レビュー観点図 ソフト品質
タグ システム契約ソフト品質ソフト教育組み込みソフト仕様書・要件定義ITサービス
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日