Kerasによる画像処理プログラミングとその応用 <オンラインセミナー>

~ ディープラーニングの基礎と画像処理、事前学習済みのモデルによる転送学習、画像分類・物体検出・動画像内の行動分析への応用とプログラミング、検出技術 ~

・Kerasによるディープラーニングの最新アルゴリズムの実装技術を実践的に修得するための講座

・Kerasのライブラリを効果的に活用し、画像分類や画像認識、物体検出などのシステムに応用しよう!

*Google Colaboratoryの登録、ご準備をお願いいたします。

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 多くの業界で当たり前になりつつあるディープラーニングによる画像処理の技術の基礎と実装のチュートリアルを行います。

 本セミナーでは、まずディープラーニングの基礎を紹介して、それからKerasのライブラリを利用した画像処理のプログラミングの実践を行います。具体的には畳み込みニューラルネットワークによる画像認識、画像内の物体検出、ビデオで行動分析などのさまざまな最新アルゴリズムを利用するプログラミングの実例を紹介します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2021年08月27日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナーソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・システム、ソフト、データ解析部門の技術者の方
・ディープラーニングによる画像認識、ビデオ分析に興味のある方、または実際に利用してみたい方
予備知識 ・プログラミング経験を少し持っている方(プログラミングの入門コースを完成したレベルの知識:変数、制御構造、関数、クラスなどの知識)
・Pythonのプログラミング知識は不要
修得知識 ・ディープラーニングの基礎知識
・PythonのKerasを利用して、基本的な画像分析(畳み込みニューラルネットワークによる画像分析)、画像内の物体の識別、そして動画分析などの知識が得られる
プログラム

1.ディープラーニング概要

  ・ディープラーニングによる画像処理の歴史と現状

 

2.Pythonのプログラミングの簡単な入門

  (1).Pythonのプログラミング言語の簡単な紹介

  (2).Google Colab

 

3.ディープラーニングの基礎

  (1).ニューラルネットワークの基礎

  (2).活性化関数、Loss 関数

  (3).Keras によるディープラーニングプログラミングの実例

 

4.画像の分類への応用とプログラミング

  (1).Convolutional Neural Network

  (2).事前学習済みのモデルによる転送学習

  (3).類似性で画像検索

 

5.画像の物体検出への応用とプログラミング

  (1).テンプレートマッチング

  (2).ディープラーニングによる物体検出

 

6.動画分析への応用とプログラミング

  (1).ビデオで人間の活動を検出

  (2). ビデオで物体検出

キーワード ディープラーニング 機械学習 Python ニューラルネットワーク Keras 画像分類 転送学習 画像検索 物体検出 動画分析
タグ AI・機械学習ソフト管理画像画像処理
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日