OpenCVによる画像処理の基礎と画像解析への応用 ~デモ付~ <オンラインセミナー>

~ 画像処理の基礎、OpenCVの活用、画像処理プログラミングのポイント、顔の表情解析・感情推定の応用例 ~

・画像処理の原理を理解した上で、用途に応じた特徴抽出、画像検知技術に活かすための講座!

・画像解析の原理とOpenCVによる画像処理応用とそのポイントを修得し、人や物体の画像解析、検査、検出システムに活かそう!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 画像解析は、解析対象に特別な装置を装着したり、位置や姿勢を拘束したり、その対象を切ったり刺したりといった侵襲を必要としたり、そのような一切の条件無しに、ただ解析対象からの光がカメラによって捉えられさえすれば解析が可能であるという利点がある。

 そして、計算機技術の発展と共にツールの整備も世界標準的に進んでいることから、あまり理論的な背景を知らなくても高度な画像処理技術を誰でも使えるようになってきた。ところが、一旦結果を得てみると、それがなぜ成功したのか、あるいは、なぜ失敗したのか、結果を咀嚼して次なる一手を考えようというとき、原理の理解無しには一歩も進めない。

 本講義では広く画像解析の原理を理解し、業界標準的なツールを使いこなせるようになることを目的とする。

 なお、本講義で行うプログラミングの演習は講師によるデモンストレーションを基本とする。しかし、環境構築が可能な方は、共に実習し、皆さんで共有すべきヒントや課題を一緒に学ぶこともしていきたい。

オンラインでご受講される方は、できましたら、マイク機能の用意もお願いいたします

セミナー詳細

開催日時
  • 2021年08月06日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナーソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・製造業、ソフトウェア関連企業、防犯関連、公共機関などで画像処理に携わるエンジニアの方
(電子機器、端末機器、車載機器、検査装置、IoT、ロボット、セキュリティ、アミューズメント、電子広告)
予備知識 ・画像処理の用語程度の知識
・C言語の知識があれば理解が早い(OpenCVのデモではC++で説明をします)
修得知識 ・画像処理の基礎
・画像処理プログラミングのポイント
・画像処理の応用事例に関する知識
プログラム

1.基本的な画像処理

  (1).色変換

  (2).ヒストグラム

  (3).エッジ抽出

  (4).空間フィルタリング

 

2.OpenCVの活用

  (1).サンプルプログラムの利用

  (2).GUIとの連携

 

3.画像処理プログラミング

  (1).画像の読み込みと表示

  (2).画像の書き込み

  (3).画素へのアクセス

  (4).領域へのアクセス

 

4.高次の画像処理

  (1).ノイズ除去

  (2).領域抽出

  (3).画像補間

  (4).幾何学的変換

  (5).2値画像処理

 

5.画像処理の応用 ~顔画像解析の例~

  (1).顔の画像(カメラ画像、断層画像、赤外線画像)

  (2).顔の情報

  (3).顔画像データベース

  (4).顔の表情解析

    a.FACS (Facial Action Coding System)

    b.表情の画像解析

    c.顔画像への統計モデルの応用

  (5).応用事例(自動車ドライバーの感情推定)

  (6).応用事例(その他の応用事例)

キーワード デジタル画像 色空間 画像特徴量 物体認識 移動体追跡 画像計測 画像アプリ 表情解析 動作解析 医用画像 美容応用 QoL
タグ 画像画像処理
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日