高周波回路の基礎と設計への活かし方およびそのポイント ~デモ付~  <オンラインセミナー>

~ 高周波と低周波の信号の違い、受動部品の応答、Sパラメータとスミス・チャートの基礎、高周波回路設計のポイント、高周波測定器の活用 ~

・高周波回路の基礎と設計と測定法のポイントを修得し応用するための講座

・回路をよく理解し、回路ミュレータを使った高周波回路の設計法を修得し、効果的な高周波デバイス設計と回路設計評価に活用しよう!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 高周波回路は一般の電気・電子回路とは信号の振る舞いが異なってきます。
 低周波と高周波でどのように異なっているのかを理解することが必要です。
 本セミナーでは高周波信号の違いを踏まえて設計に必要となるSパラメータの基本を入門者にも理解しやすく説明します。
 また高機能のフリー高周波シミュレータを使ってSパラメータおよびスミスチャートの基本を説明します。
 また高周波回路の基礎と評価に必要な高周波測定の基本とポイントについても解説します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年12月14日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・これから高周波回路設計に取り組むエンジニア
・高周波回路設計入門レベルで基本から理解しなおしたいエンジニア
・高機能高周波フリーシミュレーターを活用してみたい高周波入門レベルのエンジニア
・高周波・高速信号を含む電子部品、電子機器、LSI等関連企業の方
予備知識 ・一般的な電気・電子回路の基礎知識があればより理解が得られます
修得知識 ・高周波に関する基礎知識
・Sパラメータとスミス・チャートの基礎
・高周波シミュレータを使ったSパラメータによる高周波基本回路の設計法
・高周波回路測定の基本
プログラム

 

1.高周波と低周波での信号の違いを把握する         

(1).線路途中の電圧・電流

   a.低周波での線路途中の電圧・電流

   b.高周波での線路途中の電圧・電流

(2).受動部品の応答

   a.低周波での受動部品の応答

   b.高周波での受動部品の応答

 

2.高周波シミュレータで高周波の基礎を把握する       

(1).Sパラメータの基礎                            

   a.Sパラメータはどんなものか

    ・低周波インピーダンスパラメータとの違い

   b.高周波シミュレータ(フリー)の説明

         c.高周波シミュレータでSパラメータを扱う

 (2).スミス・チャートの基礎                          

          a.スミスチャートはどんなものか

           b.高周波シミュレータでスミスチャートを表示、活用する

 

3.高周波シミュレータを使った高周波回路設計                           

(1).Sパラメータを使った受動回路(フィルター)設計

(2).シミュレーター機能の活用

    a.定数マニュアルチューニング

   b.自動チューニング

(3).Sパラメータを使ったアンプ回路の設計

(4).高周波回路設計のポイント

   ・落とし穴と対策

 

4.高周波測定器の活用:デモ                                

(1).低周波測定と高周波測定の違い

(2).高周波測定器

   ・ネットワークアナライザーによる回路応答実測

(3).高周波測定用コネクタ・ケーブル他

 

5.まとめと質疑応答                                             

 

キーワード 高周波回路 高周波信号 スミス・チャート インピーダンス マッチング回路 Sパラメータ 高周波回路設計 高周波回路測定 
タグ 回路設計・フィルタ計測器電子機器
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日