多品種・少量・短納期生産における生産管理の基礎とそのポイント <オンラインセミナー> 

~多品種・少量、短納期に適した管理方式、サプライチェーン・マネジメント技術、多品種少量生産に必要な管理体制 ~

多品種・少量・短納期に対応するための効果的な生産管理法について修得するための講座

スピードを備えた部門横断型の生産管理体制について修得し、短納期生産へ応用しよう!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

・せっかく注文を取ってきても、製造は納期も答えてくれない

・もう、パンパンなのに、営業は無理な納期で注文を取ってくる

・要求される納期は、あり得ないくらい短くなっている

・在庫が増えているけど、必要なものは間に合わない

・どんな要求がいつ来るかもわからない

・生産管理の対応も限界を超えている

・生産管理が属人化して、働き方改革どころではない

 こんなお悩みをお持ちの製造業様向けに、多品種・少量・短納期に対応するための、管理方法や体制の作り方と、成功事例をご紹介します。 生産計画の最適化だけでは、解決できません。

 本セミナーのキーワードは、「機動生産」。機動生産とは、様々な商品を少量ずつ、短い納期で対応するための生産方式であり、少数スタッフによる属人的な計画生産の体制から変化に対応するためのスピードを備えた部門横断型の生産体制の事を言います。本セミナーでは米軍の最新の管理手法を、生産管理に応用した管理手法を修得致します。生産管理の基礎を学びたい方にもご理解いただけるように、生産管理の基本手法から紐解いて解説いたします。生産管理システムの導入をご検討されている方は、要件定義のポイントや、システム選定の方針が明確になると思います。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年09月14日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー オンラインセミナー品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・既設計の部品・製品を製造している製造業と、関連する物流業の方
※受注してから設計を行う製造業の方を除きます
・受注生産または、見込み生産または、それらの混合の業務に携わっている方
・生産管理・SCM に問題を感じており、解決の糸口を見つけたい方
・自社のやり方が、良いのか悪いのか、世間はもっと進んでいるのではないかと、心配な方
・Excelで、生産管理を担当しているが、本当に理に適っているのか確認したい方
・システムの導入も視野に入れている方
・ERP、MRP、スケジューラやAPS などの違いや位置づけがよくわからない方
・スケジューラの導入に失敗した原因を学びたい方
予備知識 ・自社内の生産管理、サプライチェーン・マネジメントがどの様に行われているのかを把握している
・どんなところに問題がありそうか、ご自身の考えを持っているとより改善点が明確になります

修得知識 ・在庫理論、需要予測、所要量計算、山積み・山崩し、大日程・日程計画など生産管理の基礎技術
・短納期に対応するための、管理方法と体制の作り方の基本的な考え方
・PDCA管理の限界と、限界を突破するための管理手法
プログラム

1.多品種・少量、短納期に対応するための、社内コンセンサスの作り方

  (1).多品種・少量、短納期対応が、必要になる理由と状況

  (2).多品種・少量、短納期に適さない管理方式/適した管理方式

  (3).【自己診断】あなたの会社には、本当に短納期対応するメリットがあるのか?

 

2.サプライチェーン・マネジメントの基礎技術

  (1).在庫最適化の基本的な考え方

  (2).需要予測の基本的な考え方

  (3).MRP(資材所要量計画)の基本的な考え方と応用

    a.MRPの所要量計算

    b.MRPと山崩し:「MRP+スケジューラ方式」と「同期方式」違いと結果の差

  (4).基礎技術を適用するときの、着眼点と優先順位

 

3.つながりの見えるサプライチェーン

  (1).同期方式のMRPをサプライチェーンに拡張する

  (2).計画変更、実績管理と同期させる

  (3).生産管理業務の具体的な流れのイメージをつかむ(システムを使ったデモを利用します)

    a.受注生産

    b.見込み生産と受注生産の混合(大日程計画→基準日程→日程計画 の流れ)

 

4.多品種少量生産に必要な管理体制

(1).典型的な管理体制(=部門別計画と、Excelによる計画管理)の問題点と解決方針

(2).機動生産の基本概念と必要な4つのこと

(3).機動生産のための管理体制

(4).管理サイクルの高速化 (PDCAの限界)

(5).機動生産と、PDCAによる全体最適の違い

 

5.機動生産の効果事例

キーワード 生産管理 短納期 多品種少量生産 機動生産 サプライチェーン MRP 要件定義 生産管理システム
タグ コストダウンリスク管理業務改善原価・財務・会計生産管理調達品質管理
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日