効果的なコストダウン実現のためのポイントとその応用 <オンラインセミナー> 

~ コストダウン推進の考え方、低コスト化技術の事例と対応法、低コスト化の定着化 ~

・講師が実際に実現した手法をベースに大幅な低コスト化のノウハウを修得する講座

・従来の延長線を取り除いた低コスト化技術を修得し、原価低減に応用しよう!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 コストダウンは、企業の収益改善の重要な手段であり、将来の成長に向けた最重要課題であるにもかかわらず、従来の延長線での活動に留まり、「ムダを省こう」「コストを削減しよう」と単なるスローガンを唱えるだけで終わってしまっている企業は少なくありません。

 この研修でお伝えすることは、講師が実際に▲40%コストダウンを実現したプロジェクトをベースにしています。革新的なコストダウン活動をするためには、「聖域なしの原価低減活動」に加え、「仕事のやり方・意識改革」を同時に進めることが必須であり、その前提は、「トップの覚悟」と「全員のベクトル合わせ」であることを理解し、実践できるように指導します。

 革新的なコストダウンを成功させるためのポイントを豊富な実例を交えて、わかりやすく解説します。実例は、過去の講師経験に基づいておりますが皆さんの業務に置き換えられるような内容になっております。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年08月20日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー オンラインセミナー品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・コストダウン活動の推進リーダーもしくは関わっている方
・ものづくり関連企業でコストダウンに関わっている方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・従来の活動では達成できない挑戦的な目標を設定し全社で共有して、ゼロベースで考えることで、新たな発想・切り口を生み出せます
・「過去との比較」から「世間との比較」の差から、本当にやらなければならないことが見えることを理解します
・大部屋活動(機能別横断的活動)において、ムダなく効果的な進め方を習得できます
・プロジェクトリーダーが、会社トップの早い意思決定を促し、求心力を高める環境を作る方法を学べます
プログラム

1.コストダウンプロジェクト推進の考え方~3つの柱と8つの革新

  (1).仕事のやり方・意識改革

    a.組織別活動⇒大部屋活動で各部門の情報を共有し即断即決

    【演習】大部屋活動を効率的に進めるポイント

    b.過去との比較

      ・外(市場・ユーザニーズ)との比較で性能・機能を落とし込む

    c.過去の経験

      ・考えられる全ての項目に聖域なしに取り込む、ルールも見直し

  (2).原価低減活動の変革

    a.使われ方から見た設計原価低減

    b.設計原価中心の低減⇒全費目の低減活動

    c.アプローチ方法を変える

     ・内外製の見極めと現地部材を使い切るための構えを工夫

  (3).原価企画・管理の考え方

    a.積上げ目標値からあるべき目標値へ

     ・絶対値目標を定めて、従来の範囲を拡大した原価低減

    b.年1回の活動からリアルタイムで全員が原価把握へ

    【演習】トップの支援を得るためには

 

2.5つのワーキングチーム

  (1).顧客開拓

  (2).調達方法の改革

  (3).ものづくり最適化

  (4).市場調査

  (5).品質基準見直し

  【演習】メンバーをその気にさせるには

 

3.活動の展開と定着

  ・活動を定着させるための手法

キーワード コストダウン 低コスト化 原価 改善 市場調査
タグ コストダウンリスク管理品質管理
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日