ソフト品質確保のためのソフトウェアの定量的品質管理実践講座 <オンラインセミナー>

~ データ、メトリクスの基礎と活用法、データ品質計画の立案と運用、潜在バグの予測とバグ分析、出荷分析と品質判定、品質データ分析を通した品質分析/評価技術の向上 ~

・ソフトウェア品質を効果的、効率的に向上させるための管理手法を学ぶための講座

・ソフトウェアの品質を確保するための定量的なデータとメトリクスの活用による上流工程からの品質管理法を修得し、プロジェクトを成功させよう!  

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 PM、PLとしてプロジェクトを遂行する際、品質管理を的確かつ効率的に行うことは、プロジェクトの成否にとって、非常に重要な要素である

 ソフトウェアの品質を確保するためのポイントは、定量的なデータ収集とメトリクスの活用による上流工程からの一貫した品質の管理にあります。

 データ、メトリクスとは様々な活動を定量化し、その定量化したデータを管理に使えるように加工した指標のことで効果的、効率的にソフトウェアの品質を向上させる事ができるようになります。

 何かしらデータを収集して、そのままの形ではなくて、計算や分析を加えてわかりやすいデータ(数値)に変換したものです。

 その意味から、本セミナーでは、品質管理として実施する、品質計画立案、品質状況のフォロー、問題点の分析/対策の実施、出荷判定の一連の活動を、データ、メトリクスに基づいて定量的、客観的に行う方法を具体的に解説する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年07月06日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー オンラインセミナーソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・ソフトウェアの開発、品質管理を担当する技術者及び管理者
・ソフトウェア品質管理技術者および、プロセス改善推進担当者

予備知識 ・ソフトウェア開発、品質管理の基礎知識

修得知識 ・ソフトウェア品質管理の実践的な方法、技術等

 ※PCは弊社で準備いたします。USBをご持参下さい。
プログラム

 1.データ、メトリクスの基礎と活用

  (1). データ、メトリクス活用の必要性

  (2).データ、メトリクス活用の場面とは

  (3).データ、メトリクス活用の基礎

 

2.データ、メトリクス活用の実際と分析

   ・データ、メトリクスに基づくソフトウェア品質計画立案と品質分析・フォローおよび出荷判断

  (1). データ品質計画の立案と運用

      ・品質管理システム

  (2). 品質状況分析

      ・品質データ分析

   (3). バグ分析とその結果に基づく対策の実施

       ・潜在バグの予測とバグ分析

   (4). 出荷分析と判定

       ・出荷後の品質管理

 

3.品質分析および評価技術の演習

  (1).品質データ分析を通した品質分析/評価技術の向上

  (2).課題演習問題1

      ・品質状況分析

  (3).課題演習問題2

      ・ バグ分析とその結果に基づく対策の実施

  (4).課題演習問題3

      ・ 出荷判定

 

4 .ソフト品質確保のための管理の事例とそのポイント

  (1).ソフトウェア品質確保におけるテストの役割と具体的なテストの進め方

  (2).テスト計画立案のポイント

  (3).テスト項目の効果的設計技法、

  (4).テスト結果に基づく品質管理手法について

キーワード  データ、メトリクス 品質分析 品質計画立案 品質状況分析 バグ分析 出荷判定 品質データ分析
タグ ソフト管理ソフト外注管理ソフト品質ソフト教育
受講料 一般 (1名):51,700円(税込)
同時複数申込の場合(1名):46,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日