MTシステムの基礎と判別・異常検知への応用 ~ デモ付 ~ <オンラインセミナー>  

~ 品質工学とMTシステム、判別分析とMT法の違い、MT法による判別・異常検知、直交表を使った項目選択と項目診断と原因診断、T法のメリットと作成および実践の勘所 ~

・実用性の高いMTシステムの解析手法を学び、判別・異常検知技術を実務へ応用するための講座

・品質管理や検査はもちろんのこと、判別・診断、異常検知、予測など様々な場面に応用できる汎用性の高いMT法を基礎から学び実務に活かそう!

 

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 品質工学のMT(Mahalanobis Taguchi)システムは、製造業における品質管理や検査はもちろんのこと、判別・診断、異常検知、予測など様々な場面に応用できる汎用性の高い多変量解析の手法です。

 AI(人工知能)の分野で「教師あり学習」と呼ばれる機械学習の一手法とも言えます。

 計算も難しくなく、実用性が高いことも特徴です。

 本セミナーでは、品質工学のMTシステムを基礎からわかりやすく丁寧に説明し、実務への応用までイメージできるようにします。

 セミナー内容は、MTシステムの理論的解説、事例紹介、MTシステムを使った応用事例を考える構成で行われています。

 一方的な講義ではなく、具体的な事例を通じて理解を深め、実務への応用を考えていただきます。

 

 

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年09月23日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー オンラインセミナー品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・品質工学のMTシステムに興味のある方
・パターン識別・異常検知・予測などの業務に取り組んでいる方
・研究開発職、技術職の方、および研究部門/技術部門の管理職の方
予備知識 ・特に必要としません(必要となる数学の基礎知識は講座内で解説します)
修得知識 ・品質工学のMTシステム基礎知識
・MT法を使った判別・異常検知の実践方法
・T法を使った予測の実践方法
 
プログラム

1.品質工学のMT(マハラノビス・タグチ)システムとは

  (1).MTシステムの全体像

  (2).実用化が進むMTシステム

 

2.MTシステムの理解に必要な基礎知識

  (1).基本統計量、正規分布

  (2).相関と相関係数

  (3).判別分析とMT法の違い

 

3.MT(マハラノビス・タグチ)法によるパターン識別

  (1).マハラノビス距離とは

  (2).MT法による判別・異常検知

  (3).MT法で学習するパターンとは

  (4).MT法の事例紹介

  (5).MT法を実践する際の勘所

  (6).エクセルによるMT法の計算法

  (7).デモ:MT法の応用事例

  (8).直交表を使った項目選択と項目診断

     ・原因診断

 4.T(タグチ)法による予測と活用法

  (1).予測式の作成方法

  (2).T法の事例紹介

  (3).重回帰分析との比較

  (4).T法のメリットと実践の勘所

  (5).エクセルよるT法の計算

  (6).デモ:T法の応用事例

 

5.まとめと質疑応答

キーワード 品質工学 MTシステム パターン識別 MT法による判別・異常検知 直行表 予測式 T法 重回帰分析
タグ 品質管理品質工学未然防止
受講料 一般 (1名):51,700円(税込)
同時複数申込の場合(1名):46,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日