ラズベリーパイの基礎とIoTセンサ信号処理への応用技術 ~デモ付~

~ Linux(Lasbian)を導入してPythonを使う方法、ラズベリーパイZeroWによる各種測定モジュールの応用例 ~

・IoTシステムの構築に不可欠なセンサの信号処理とラズベリーパイの活用法が修得できる講座
・ラズベリーパイによる基礎から応用までの幅広い技術を網羅した実用的事例を通して、IoTシステムの構築法をマスターできる特別セミナー!

講師の言葉

 センサはモノの動きや状態に関する情報を得るために欠かせない要素で工業用、家庭用として数多く使われています。センサ使用分野の拡大とセンサ信号を使った自動化を背景にセンサ情報を蓄積し管理するために近年のIT技術の活用が欠かせない技術になってきています。データーベースの元になるクラウド環境の整備はIoTの可能性を大きく広げる可能性があります。IoTを進める上で不可欠なセンサの信号処理技術とIoT技術の両方を習得するために企画したセミナです。センサの信号処理からデジタル化のポイント、エッジコンピューティングを含めて、超小型CPUモジュールのラズベリーパイを使ってシステムをどのように構築していくかを講師が実演を行って易しく解説していきます。基礎から応用まで幅広い技術を網羅した実用的に使える事例を紹介しています。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年04月14日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・センサ信号のデジタル処理を修得したい方
・ラズベリーパイをツールとして応用してみたい方
・IoTシステムの構築をされる方
予備知識 ・特に必要としません、基礎からわかりやすく説明します
修得知識 ・センサとラズベリーパイをつかったIoTシステムの構築法
・ラズベリーパイにLinux(Lasbian)を導入してPythonを使う方法
・ラズベリーパイに取り込んだセンサ信号処理方法
・ラズベリーパイによるセンサ信号のグラフ表示、CSVデータ保存、パソコンとのデータ共有
・ラズベリーパイを使った各種計測モジュールの使い方
プログラム

1.ラズベリーパイの基礎
  (1).ハード
    a.ラズベリーパイ
    b.IoT用通信方式(I2C・SPI)
  (2).システムディスク(OS(SDカード)インストールとバックアップ)
  (3).ラズベリーパイの使い方(画面説明抜粋)
  
2.Python(アプリケーション作成プログラム言語)
  ・言語説明とthonny(Python統合開発環境)使用方法
 
3.IoTへの応用(Pythonプログラムでの作成実例)
  (1).LED on/off・スイッチ on/offでLEDon/off
  (2).SPI接続(アナログ入力)
  (3).I2C接続
     (3軸加速度センサ、温度・湿度・気圧センサー、有機EL表示)
 
4.ラズベリーパイ応用のための技術
  (1).画面キャプチャ(静止画保存)
  (2).データ保存(CSV方式)
  (3).グラフ表示(折れ線・バーグラフ)
  (4).遠隔操作(スマホ・パソコン・タブレット等での操作)
  (5).USBカメラモジュール(静止画保存・動画表示)

5.ラズベリーパイZeroWによる各種測定モジュールの応用例
  (1).CTセンサーによる電力測定
  (2).2チャンネルAD変換による各種センサーの測定
  (3).微小電圧センサー用増幅回路
  (4).8チャンネルホールセンサーによる磁界分布の測定
  (5).スクラッチによる、超音波距離センサーによるモーターの制御

キーワード ラズベリーパイ  IoTセンサ Python  SPI接続 I2C接続 CTセンサー 微小電圧センサー ホールセンサー スクラッチ 超音波距離センサー 測定モジュール
タグ 精密機器・情報機器ソフト教育スマートメータセンサネットワークモバイルコンピューティング組み込みソフトITサービスOS・言語
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日