組込みソフトウェア開発における品質向上策とそのポイント

~ ソフトウェア品質の課題と品質向上の作り込み、開発プロセスにおける品質向上策のポイントおよび事例 ~

・組込みシステム開発におけるソフトウェアの品質確保・品質向上の要点を学び、実務に活かすための講座

・組込みシステム開発の設計・実装・テストなどのプロセス全般にわたる品質管理法を体系的に学び品質向上の実務に活かそう!

講師の言葉

 本講座では、組込みシステム開発におけるソフトウェア品質向上に向けた要点をご説明いたします。

 組込みシステムはパソコン、スマートホン、自動車などの身近な製品ばかりでなく、鉄道やプラント工場の設備制御など、社会の重要インフラ含め多くのシステムで使用されています。

 近年では、IoTやAIなどに代表される新しい技術への対応が求められる一方、製品や産業領域ごとに多種多様であるといった組込みシステム固有の特性などから、品質確保ならびにその向上には様々な課題が存在します。

 本講座の講師は自身の開発体験だけでなく、情報処理推進機構という公的機関で産業界の知見を集め組込みソフト品質に関わるガイドを編纂した経験があり、本講座ではこうした内容に基づく組込みソフトの抱える現状と品質向上に向けたポイントをご説明をいたします

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年04月24日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・組込みソフトウェア開発に携わっている方
・組込みシステムのソフトウェア品質について悩んでいる方
・組込みシステム開発の設計・実装・テストなどのプロセス全般にわたる品質管理に興味のある方
予備知識 ・特に必要としません、基礎からわかりやすく解説します
・組込みソフトウェア開発の経験(浅くても大丈夫です)があればより理解が得られます

修得知識 ・組込みソフトウェアの品質向上のポイントを得ることができます
・品質向上に向けた仕組み作りの内容を知ることができます
・様々な事例からヒント・気づきを得ることができます
プログラム

1. 組込みソフトウェア開発の現状と課題

  (1).組込みシステムの特徴

  (2).組込みIoTに関する動向調査

  (3) .ソフトウェア品質の課題

 

2. ソフト品質のためのリファレンス(参照ガイド)

 ・現場から得られた事例にもとづくノウハウを整理した、実際に利用しやすい参照ガイドについてわかりやすく解説いたします

  (1).品質作り込みの重要性

  (2).組込みソフトウェア開発リファレンス(参照ガイド)概要

 

 

3. 開発プロセスにおける品質向上のポイント

  (1).開発プロセス

     a.組込みソフトウェア開発のプロセス

  (2).設計フェーズ

     a.上流段階での品質作り込み

     b.事例の紹介

  (3).実装フェーズ

     a.コーディングルール・作法

     b.事例の紹介

     c.最近の話題(セキュリティなど)

  (4).テストフェーズ

     a.組込みソフトウェアテストの実情

     b.テスト指標・標準、手法

     c.テスト事例集からの事例

  (5).品質管理

     a.品質標準

     b.バグ管理

 

4. 組織としての取り組みと事例

  (1).品質向上に向けた学び・伝承の仕組み

  (2).取り組み事例の紹介

  (3).Q&A

 

キーワード 組込みソフトウェア開発 組込みシステム リファレンス ソフトウェア品質 品質作り込み コーディングルール 組込みソフトウェアテスト テストフェーズ 品質管理
タグ システム営業システム契約ソフト外注管理ソフト品質ソフト教育組み込みソフト
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日