データ時代のソフトウェア信頼性評価の基礎とその応用 ~ 1人1台PC実習付き ~

~ ソフトウェア信頼性評価の基礎から最新動向、 ソフトウェアメトリクス、バグ予測および機械学習 ~

・極めて重要な管理技術であるソフトウェア信頼性の定量的な評価手法を修得し、品質向上に活かすための講座

・効果的なソフトウェア信頼性評価手法を修得し、コンピュータシステムの信頼性向上に活かそう!

※PCは弊社で用意いたします

講師の言葉

 コンピュータシステムの高信頼化を達成するためにはシステム上で動作するソフトウェア自体の信頼性を向上させることが必要である一方、バグのないソフトウェアを開発すること自体はソフトウェア工学全般における最重要課題にもなっている。開発納期の短縮化とテスト費用の抑制はソフトウェア信頼性向上と常にトレードオフの関係にあるため、ソフトウェアの信頼性を正確に推定することは極めて重要な管理技術であるにも拘わらず、多くの開発現場においては効果的な信頼性評価を実施できている訳ではない。

 本セミナーでは、ソフトウェア信頼性評価の基礎理論と最新の研究動向を紹介し、広島大学で開発されたソフトウェア信頼性評価ツールを用いて簡便かつ高精度に定量的ソフトウェア信頼性評価を実施し、テスト進捗度管理に応用するためのスキルについて紹介する。

 データ時代と呼ばれる現在において、開発現場において獲得できる様々な情報と高度に数理的な技術を実装した分析ツールを活用することで、テスト技術者からプロジェクトマネージャーまで開発における様々なレイヤーにおいて信頼性評価を実施することが可能となる。

こちらのセミナーの受付は終了しました。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年04月27日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・ソフトウェア開発に携わるシステムエンジニア、テスト技術者、プロジェクトマネージャー
予備知識 ・学部程度の確率・統計に関する基礎知識があることが望ましい
修得知識 ・ソフトウェア信頼性評価の基本的な考え方
・ツールを用いた定量的信頼性評価のスキル
プログラム

1.ソフトウェア品質と信頼性

  (1).ソフトウェア開発の現状と課題

  (2).ソフトウェアバグ

  (3).ソフトウェア信頼性工学とは?

 

2.ソフトウェア信頼性モデル

  (1).古典的ソフトウェア信頼性モデル

  (2).統計推論とモデル選択の数理

  (3).ソフトウェアメトリクスと信頼性評価

 

3.ツールを用いたソフトウェア信頼評価演習

  (1).SRATS とは?

  (2).実データを用いた演習

 

4.バグ予測

  (1).機械学習とソフトウェアバグ予測

  (2).事例紹介

キーワード ソフトウェア品質 信頼性 信頼性モデル 統計推論 モデル選択 ソフトウェアメトリクス バグ予測 機械学習 SRATS
タグ ソフト品質信頼性試験・故障解析
受講料 一般 (1名):51,700円(税込)
同時複数申込の場合(1名):46,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは現在募集を締め切っております。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日