FMEAを軸としたDRの効果的な進め方と品質トラブルの未然防止 ~演習付~

~ FMEA作成時のポイント、FMEAとDRBFMの本質的な違い、DRにおけるFMEAの位置づけ、AIAG&VDA発行『FMEA Handbook』最新版のポイント解説 ~

・自動車会社でデザインレビューを推進する講師の解説と演習で、実践的なノウハウを修得する講座!

・FMEA作成時のコツを習得して、品質トラブルの未然防止に有効活用しよう!

講師の言葉

 モノ造りに携わるエンジニアにとってFMEAは品質、安全性を高めるための必修ツールです。また、FMEAにより潜在的な故障モードを抽出し、事前に対応策を検討することはISOやIECなどの世界標準にも規定されています。本セミナーでは、FMEAの基礎中の基礎からやさしく学び、事例紹介や演習を通じてFMEAの実践スキルを高めることができます。また、近年急速に普及が進むDRBFM(Design Review Based on Failure Mode)とFMEAの本質的な違いと目的や対象に応じた使い分け方についても解説します。

 デザインレビューのプロセスでは、関係する技術領域の専門家がFMEAの内容をレビューすることで見逃しを防止する必要があります。FMEAというツールを軸として社内の英知を結集することで、新製品、新技術の安全性や品質を格段に向上することができます。本セミナーでは、前述のポイントを短時間で効率的に理解し、FMEAとデザインレビューを効果的に実践するスキルを修得していただきます。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年06月12日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・設計開発、実験、製造、品質保証に関係するエンジニア
・FMEAを基礎から学びたい方
・FMEAとDRBFMの本質的な違いを理解したい方
・デザインレビューとFMEAの関係を理解したい方
・自社のFMEAのやり方を見直し、より良くしたい方
予備知識 ・実務に携わる方であれば、特に必要ありません
修得知識 ・FMEA作成時のコツ
・FMEAとDRBFMの本質的な違い
・デザインレビューとFMEAの関係
・AIAG&VDA発行『FMEA Handbook』最新版の概要
プログラム

1.FMEAの基礎 ~これだけは抑えておこう~

  (1).FMEAとは何か

  (2).FMEAワークシートの構成

  (3).DRBFMとの本質的な違い

  (4).工程FMEAへの拡張

 

2.デザインレビューとFMEAの関係

  (1).デザインレビューとは何か

  (2).デザインレビューにおけるFMEA

  (3).デザインレビューとFMEAにまつわる誤解と誤用

 

3.FMEA実践のポイント

  (1).事前準備が重要(機能ブロック図の準備)

  (2).会社の英知を結集する

  (3).FMEAは会社の財産

 

4.グループ演習:設計FMEAを例に

  (1).機能ブロック図

  (2).FMEAの実施

 

5.Q&A

キーワード 品質 未然防止 デザインレビュー DR FMEA DRBFM 機能ブロック図 機能分析
タグ 未然防止FMEA・FTA・DRBFM
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日