ソフトウェアレビュー技法と効果的な実施・運用のポイント ~演習付~

~ レビューの観点、レビューの種類と場面に応じた使用法、レビューの効果的な計画・管理の方法、レビューの高度化、レベルアップのヒント ~

・レビュー技法の基礎から学び、成果物やプロセスに合わせた実施ポイントを修得する講座!

・テストやソースコードの読み込みチェックに依存しないためのレビューの実践ポイントを学び、早期段階でのバグや不具合防止に活かそう!

講師の言葉

 製品開発においては、さまざまな成果物、体制、プロセス等に応じて、それぞれに適したレビュー技法があります。本講座では、ソフトウェア開発におけるレビューの必要性、レビュー方法の種類、基礎、各工程別レビューの重点ポイント、進め方等を解説します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年01月31日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・車載ソフトウェア開発、組み込みソフトウェア開発、システム開発に携わる方
・ソフトウェア開発におけるレビューについて基礎から学びたい方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・正しいレビューの方法、種類
・レビューイ、レビューアの心得
・工程別レビュー観点
・効果的なレビューの行い方
プログラム

1.レビューの定義と必要性

  (1).レビューとは

  (2).レビューの必要性

   一般的な「レビュー」の定義とソフトウェア開発におけるレビューの必要性を説明します。

 

2.ソフトウェアレビューの基礎

  (1).レビューの種類と特性

   レビュー方法の種類と特徴について説明します。

  (2).工程別レビューのチェックポイント

   各開発工程におけるレビューのチェックポイント例について説明します。

 

3.ソフトウェアレビューの効果的な実施と運用

  (1).レビューの課題

   一般的なプロジェクトで見受けられる問題点、レビューの課題を説明します。

  (2).レビューの適切な運用

   品質保証観点を基に、レビューの観点、準備すべきこと、開始基準、運用方法等を解説します。

  (3).レビューの効果測定

   レビューの効果を測定するための指標(メトリクス)例や品質尺度等の見方考え方を解説します。

  (4).レビューアとレビューイの心構え

   レビューする側、される側それぞれのレビューへの臨み方を解説します。

 

4.ソフトウェアレビューのさらなる向上

  (1).バグ発見効果をさらに向上させるための手法の考察

  (2).レビューの高度化に向けてのヒント

   それでもなくならない流出バグをもっと減らすためのレビューとは?

   さらなるレベルアップのための方法論、取り入れたい手法等検討した事例を紹介します。

   -アクティブレビュー、TCBR、DRBFM等。

キーワード ソフトウェア開発 レビュー技法 レビュー観点 インスペクション 効果的なレビュー
タグ ソフト管理ソフト品質組み込みソフト
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日