USDMを使った抜け漏れを防ぐ要求仕様書の書き方実践講座~1人1台PC実習付~

~要求仕様書の書き方の基礎、USDMの基本、抜け漏れのない適切な仕様化技術のポイント ~

・USDMによる要求仕様書の記述方法を基礎から修得し、抜け漏れのない要求仕様書を実現するための特別講座

・USDMを使った要求仕様書の適切な記述方法を修得し、生産性と品質の高いソフトウェア開発を実現しよう!

※PCは弊社で用意いたします

講師の言葉

 ソフトウェア開発のトラブルのほとんどは、要件定義における抜け漏れ、仕様の誤解が原因です。ソフトウェア開発の生産性・品質の向上には、要求仕様書の品質確保は必要不可欠です。こうした要求仕様書の作成に有効な手法として今、注目されているのがUSDMです。

 すでにUSDMを導入した組込みシステムやITシステムの開発現場からは、大きな成果が報告されています。昨今、スクラムを中心としたアジャイル開発が注目されていますが、適切な仕様化技術がなければ期待した効果は得られません。

 本セミナーでは、開発の問題と要求仕様書の関係を整理し、要求工学の観点からUSDMの位置づけを明確にします。そして、仕様の抜け漏れを起こさないメカニズムを理解し、USDMの書き方のポイントを習得内容に合わせ、実際の要求仕様書を段階的に作成することを通して学んでいきます。USDMを基本から理解したい方、また組織やチームへの導入を検討している方、必見です!

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年02月06日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・ USDM を基本から理解したい方
・ 要求仕様書に問題意識のある技術者、管理者の方
・ 要件定義、要求分析の改善を検討している管理者、SEPG、SQAの方
予備知識 ・特に予備知識は必要としません
・要求仕様書に関わる実務経験があれば理解しやすいです
修得知識 ・ 要求仕様書の問題点
・ USDMの仕様化技術
・ モデルによる要求の構造化
・ USDMの適切な仕様表現
・ USDMの品質要求、要求獲得への活用方法
プログラム

1.セミナーの狙い/進め方

 

2.要求仕様書の問題  ~現場混乱の要因~

  (1).要件定義 / アジャイル開発での問題

  (2).仕様が漏れる原因

 

3.要求開発とUSDM  ~要求開発の基本~

  (1).要求、要件、要求仕様 の定義

  (2).要求開発プロセス

 

4.USDMを理解するポイント  ~USDMの基礎~

  (1).要求仕様書/機能仕様書の考え方

  (2).抜け・漏れをなくすメカニズム

  (3).USDMの基本構成

 

5.USDMの作成  ~機能要求の仕様化~

  (1).要求、理由、仕様の作成

  (2).機能要求の表現

 

6.要求の構造化と仕様表現  ~抜け・漏れをなくすテクニック~

  (1).要求の階層化/構造化

  (2).仕様表現の工夫

 

7.USDMの活用  ~品質要求/要求獲得~

  (1).品質要求の仕様化

  (2).要求獲得への活用

 

8.まとめ (Q&A)

キーワード USDM 要求仕様書 要求開発 抜け防止 漏れ防止 機能要求 要求の階層化/構造化 品質要求 要求獲得
タグ ソフト管理ソフト品質ソフト教育仕様書・要件定義
受講料 一般 (1名):51,700円(税込)
同時複数申込の場合(1名):46,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日