ヒューマンエラー発生メカニズムと未然防止・再発防止のポイント ~演習付~

~ ヒューマンエラーの発生要因と防止手法、FMEAによる未然防止策、なぜなぜ分析による再発防止策 ~

・ヒューマンエラーの事例や発生メカニズムから、対策手法についてワークを通して修得する講座!

・ヒューマンエラー防止への有効な対策立案に必要なポイントを身につけ、品質管理、事故防止などに活かそう!

講師の言葉

 ヒューマンエラー防止は「労働安全」だけではなく、「品質問題を防ぐ」といった観点からも重要です。「同じような人的ミス起因のトラブルが頻発している」といった場合は、根本原因を掴んでいないため、有効な対策を打てていないということがあります。

 本講座では、ヒューマンエラー及び基本知識、品質問題につながるヒヤリ・ハットとその取り組み方や、ヒューマンエラーを未然に防ぐため、各工程でどのようなヒューマンエラーが起こり得るかを事前に洗い出し、そのリスクの重大さを分析するプロセスFMEAなどのリスク分析手法をはじめ、ヒューマンエラーが発生してしまった場合、再発を防ぐため根本原因を掴む分析手法としての「なぜなぜ分析」といった原因分析手法について演習を交えながらわかりやすく説明いたします。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年02月10日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・工場等の技術者、管理監督者、品質保証担当者、生産管理担当者の方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・ヒューマンエラーの基礎知識
・リスク分析手法(プロセスFMEAなど)の基礎知識
・なぜなぜ分析の進め方
プログラム

1.ヒューマンエラーとは

  (1).事例およびその原因

  (2).ヒューマンエラーとヒヤリ・ハット

 

2.ヒューマンエラー発生のメカニズム

  (1).ヒューマンエラー発生のメカニズム

    a.m-SHELモデル

    b.人間の基本的特性

  (2).ヒューマンエラー発生の流れ

 

3.ヒューマンエラーの防止手法

  (1).KYT

  (2).5Sと5S活動   

  (3).指差呼称

  (4).視覚効果

  (5).ポカミスとポカヨケ

  (6).ヒヤリ・ハットとその対応

 

4.水平展開・横展開のポイント

 

5.ヒューマンエラー未然防止のためのリスク分析

  (1).リスクマトリックス

  (2).プロセスFMEA

    演習:簡単なテーマでプロセスFMEAの演習

 

6.ヒューマンエラー防止の考え方

  (1).ヒューマンエラー防止の考え方

  (2).チェック(確認)

  (3).ルール・手順策定のポイント

 

7.ヒューマンエラーの再発防止策

  (1).根本原因追及の重要性

  (2).なぜなぜ分析

    演習:簡単なテーマで「なぜなぜ分析」の演習

 

演習は、グループワークを予定

キーワード m-SHELモデル KYT リスクマトリックス 根本原因追及 FMEA なぜなぜ分析
タグ ヒューマンエラー品質管理
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日