パテントマップ作成と研究・開発における効果的な活用法 ~1人1台PC実習付~

~ 特許権の範囲と侵害、特許調査の基礎、J-PlatPatの効果的な使い方、パテントマップの作成と製品開発・技術開発への活用法 ~

・有効なパテントマップの作成作成、分析・活用方法について演習と事例を通して修得する講座!

・特許や特許調査の基礎から学び、特許マップ作成と製品開発などへの活用に活かそう!

・特許については初学の技術者・研究者の方も歓迎!

・他社の開発状況の把握・自社の新たな開発・研究のヒントとなる特許情報の分析を行い、材料、製品開発へ有効に活用しよう!

 

PCは弊社にて用意します

講師の言葉

 特許文献は、特許出願後、1年6か月経過すると発行されます。1年6か月の時間差はあるものの、最新技術が開示される有用な情報源です。

 検索結果をExcelで加工することによって、簡易なパテントマップを作成し、競合他社や業界全体などで、開発が盛んなのか、低調なのか、他社がどの分野に注力して開発しているのかなどを見ることができます。また、特許情報の分析は、他社の開発状況などの把握とともに、新たな開発・研究のヒントを得たりできる強力なツールとすることができます。

 このセミナーでは、特許についての基本をご紹介した上で、特許庁が公開する特許情報のデータベース(J-PlatPat)を使った特許調査の基礎を学び、特許情報を製品開発などに役立てるために、Excelを使って簡易なパテントマップを作成し、分析、活用する例を紹介します。

 

※Excelは米国 Microsoft Corporationの登録商標です

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年02月06日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 研究開発・商品開発・ ビジネススキル
受講対象者 ・企業の技術者、研究者の方
・特許調査結果の活用について学びたい方
・特許情報を開発、研究などに活かしたい方
予備知識 ・通常のExcel操作ができれば、特に必要ありません
修得知識 ・特許情報の有用性が分かる
・特許情報の収集方法が分かる
・収集した特許情報を活用して簡易なパテントマップを作成し、開発、研究企画のツールにできることが分かる
プログラム

1.特許の基礎

  (1).特許、実用新案などの具体例の紹介

  (2).特許権の効力

  (3).特許の取り方

  (4).特許権の範囲と侵害

  (5).ケーススタディ

 

2.特許調査の基礎

  (1).特許公報の種類と読み方

  (2).特許調査の種類

  (3).J-PlatPatの使い方の基礎

  (4).簡易検索

 

3.パテントマップ作成におけるJ-PlatPatの効果的な使い方

  (1).高度な検索

  (2).検索結果の見方

  (3).特許分類

  (4).分類コード検索

 

4.特許情報の活用とパテントマップの作成

  (1).パテントマップを作成する目的

  (2).パテントマップの種類

  (3).ケーススタディ

 

5.パテントマップの作成と活用例

  (1).製品開発への活用

    a.競合会社の動向を利用する

    b.製品分野の業界動向を利用する

    c.競合会社の開発動向を利用する

  (2).技術開発への活用

    a.注目技術分野の進展状況を利用する

    b.注目技術分野の競合会社の勢力状況を利用する

  (3).その他の特許マップの活用

キーワード パテントマップ 特許マップ 特許調査 特許権の範囲と侵害
タグ 特許・知的財産技術経営
受講料 一般 (1名):51,700円(税込)
同時複数申込の場合(1名):46,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日