車載制御向けソフトウェア「AUTOSAR OS」の仕様とその使い方実践講座 ~1人1台PC実習付~

~ AUTOSARの仕様の背景と概要、AUTOSARメソドロジ、AUTOSAR OSの機能、使い方 ~

・AUTOSARのコアである「AUTOSAR OS」の機能と使い方を修得し、システム開発に活かすための講座
・アプリケーションソフトのコンポーネント化と再利用による流通を目的とした「AUTOSAR OS」の最新仕様を修得し、車載ソフトの開発に応用しよう! 

*PCは弊社でご用意いたします

講師の言葉

 車載システム向けソフトウェア開発において、欧州を中心にAUTOSAR仕様に準拠したソフトウェアプラットフォームを取り入れた開発が行われてきています。AUTOSARではレイヤーアーキテクチャに基づいたモデルベース開発が行われ、車載アプリケーションソフトウェアのコンポーネント化と再利用による流通の促進を狙いとしていますが、その反面、AUTOSAR仕様準拠によるオーバヘッドの増加が懸念されています。さらに仕様の膨大さや複雑さ、解釈が曖昧であったり未規定な仕様などの問題も言われています。そのような中、機能安全やマルチコアによるECU統合など、車載ソフトウェア開発において、次々と新しい要求への対応が迫られてきています。
 本講座では、AUTOSARアーキテクチャの解説から、AUTOSARのコアであるOSの機能解説や使い方について解説と演習を行います。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年10月07日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・車載ソフトウェアの開発に従事している、あるいは予定の技術者の方
・AUTOSARに興味のある方
予備知識 ・組込みソフトウェア開発経験がある方
修得知識 ・AUTOSARの仕様の背景と概要を理解出来る
・AUTOSAR OSの機能について理解できる
プログラム

1.AUTOSARとは
  (1).車載システム向けソフトウェア開発を取り巻く状況
  (2).OSEK/VDX
  (3).AUTOSARの目的、概要
  (4).AUTOSARメソドロジ

2.AUTOSAR OSの仕様
  (1).タスク、割込み処理
  (2).カウンタ、アラーム、スケジュールテーブル
  (3).イベント、リソース

3.AUTOSAR OSの使い方
  (1).タスク、割込み処理
  (2).アラーム
  (3).イベント、リソース

キーワード AUTOSAR 車載システム タスク イベント アラーム リソース ECUインテグレーション モデルベース開発
タグ デバイスドライバ組み込みソフト自動車・輸送機車載機器・部品
受講料 一般 (1名):51,700円(税込)
同時複数申込の場合(1名):46,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日