技術マーケティングによる確実なテーマ探索・製品化とその実践 ~演習付~

~ テーマの候補の探索と評価・選定法、潜在ニーズを発掘する思考法、使えるSWOT分析、市場規模推定の手法 ~

・テーマ選定に役立つ手法やクラックとキャズムを超える技術マーケティングについて修得する演習付講座!

・技術マーケティングの視点を養い、市場からの視点で潜在ニーズを把握し、より優れた確実なテーマ探索や製品化に活かそう!

講師の言葉

 先端テクノロジーの急速な発展と、それに伴う市場環境の目まぐるしい変化は、企業の製品開発においてイノベーションを不可欠なものにしています。 その中で、技術を理解し、使いこなす技術者の役割もより重要になってきています。 そして、技術者も単に技術を使えるだけではなく、市場からの視点でニーズを把握したうえで、事業・製品の元となる研究開発の技術テーマを決めていく必要があります。逆に、持っている技術シーズをどのような新製品や新規事業にどう使っていくかについても答えていかなければなりません。

 本講座では、研究開発や製品開発に携わる技術者に対し、技術マーケティングとしての視点を養い、市場視点をもってもらい、その上で確実で効率的な研究開発のテーマの選定や製品企画への応用が出来るように、演習を交えながら、手法を習得して頂きます。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年11月21日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 研究開発・商品開発・ ビジネススキル
受講対象者 ・研究開発、技術開発、設計、商品企画、生産技術、新規事業などの担当者の方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・技術マーケティングの重要性と技術者の役割を認識することで、研究開発や製品開発で中心的役割を担うためのスキルを習得できます
・研究開発テーマ探索の仕方の具体的な手法を実体験することで、確実なテーマの探索と評価や製品企画への落し込みと共に、プロダクトアウトに陥らない技術シーズからの製品企画の手法を習得できます
・研究開発テーマの探索・選定に有効な三つの手法を体験することで、確実なテーマ探索と評価・選定ができるようになります
プログラム

1.イノベーションにおける技術マーケティングと技術者

  (1).イノベーションと技術マーケティング

    a.イノベーションのための技術マーケティング

    b.技術マーケティングにおける技術者の役割

 

2.市場視点からの研究開発テーマの選定

  (1).市場ニーズからの効果的なテーマ選定手法

    a.テーマの候補の探索 【演習】

    b.テーマの評価と選定

  (2).製品企画への応用

  (3).技術シーズからの製品企画、事業開拓

 

3.テーマ選定に役立つ三つの手法

  (1).潜在ニーズの効果的な把握のための思考法

    a.顕在ニーズの把握

    b.顕在ニーズから潜在ニーズを発掘する思考法 

  (2).使えるSWOT分析の手法

    a.SWOT分析が難しい・使えない理由

    b.使えるSWOT分析にするコツ 【演習】

  (3).効果的な市場規模推定の手法 【演習】

 

4.市場を立上げるための技術マーケティング

  (1).プロダクトライフサイクルと市場立上げの障害、クラックとキャズム

  (2).障害を越えるために技術マーケティングが行うべきこと    

キーワード 研究開発テーマ 潜在ニーズ SWOT分析 市場規模推定 クラック キャズム
タグ マーケティング研究開発商品開発
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日