テラヘルツ波の基礎とセンシング技術および産業への応用

~ テラヘルツ波光源、テラヘルツ波の検出、非破壊検査、センシング・イメージング機器開発 ~

・応用分野の開拓が進むテラヘルツについて基礎から最新技術までを習得できる講座
・テラヘルツ波の基礎から応用技術を学び、他社に先駆けて付加価値の高い製品開発に活かそう!

講師の言葉

 光と電波の間に位置する未開拓電磁波領域“テラヘルツ帯”の産業応用が注目されています。近年の様々なブレークスルーで、新しいセンシングとして、非破壊検査・バイオ・医療・安全・農業・情報通信応用など幅広い分野での応用分野の開拓が進められています。
 この講義では、具体的な研究開発の事例を示しながら、現在の技術開発の現状と課題、ならびにテラヘルツ技術が開く新産業の展望について講義します。
 講義を通して、各社における新規事業企画(非破壊検査・セキュリティ応用、バイオチップや医療現場診断イメージング技術など)研究開発課題の探索ならびに次世代の人材育成に貢献できればと思っています。

本セミナーは受付を終了しました

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年07月23日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・非破壊検査・新規分析機器開発技術者の方
・通信、医療、設備、検査、その他関連企業の方
予備知識 ・理系大学卒業程度の基礎知識があると理解が深まります
修得知識 ・テラヘルツ技術の開発現状と課題を理解し、テラヘルツ技術が拓く新産業の可能性について、様々な応用例から知ることができます
プログラム

1.テラヘルツ基盤技術の現状と課題
  (1).テラヘルツ波光源
    a.非線形効果によるテラヘルツ波の発生
    b.誘電性と非線形
    c.差周波混合におけるテラヘルツ波の発生
    d.半導体における波長とコヒーレント長の関係
    e.テラヘルツ波のパラメトリック発生
  (2).テラヘルツ波検出技術
    a.フェムト秒レーザー励起によるテラヘルツ電磁波の発生と検出
    b.テラヘルツ光の検出
    c.テラヘルツ電磁波検出過程
  (3).テラヘルツ時間領域分光法
    a.計測をしているもの
    b.算出されるもの
    c.THz-TDS解析
    d.解析・分析例
  (4).メタマテリアル等周辺技術

2.新規テラヘルツセンシング・イメージング機器開発
  (1).テラヘルツ時間領域分光装置
  (2).テラヘルツ顕微鏡・テラヘルツ放射顕微鏡、テラヘルツカメラ
  (3).その他機器

3.テラヘルツセンシング・イメージング応用
  (1).新規産業応用への展望
  (2).非破壊検査応用新規バイオ応用の展望と課題
  (3).セキュリティ応用
  (4).バイオ・医療応用

キーワード テラヘルツ 非破壊 光源 レーザー コヒーレント パラメトリック フェムト秒 検出 時間領域 メタマテリアル THz 新規事業
タグ 通信光通信
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは現在募集を締め切っております。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日