量子コンピュータ・量子アニーリングの基礎と最新技術

~ 量子コンピュータ・量子アニーリングのビジネス展開を目指した各企業の研究開発動向と将来展望 ~

・困難な問題を高速で解く量子コンピュータについて、基礎から最先端技術、ビジネス展開まで学べる講座
・高速で処理を可能にする量子コンピュータの特長を活かし、自社の研究開発へ効果的に活用するためのセミナー!

講師の言葉

量子コンピュータと量子アニーリングマシンは量子力学原理を情報処理に積極的に利用したコンピュータです。これらのコンピュータを用いると通常のノイマン型コンピュータでは解くことが困難な問題を効率的に解くことが出来るのではないかと期待されています。
そのため、人工知能、創薬、新素材開発、金融などの様々なビジネスへの展開を目指した研究開発が世界中の企業によって進められています。このように、現在量子コンピュータと量子アニーリングマシンに過剰なほどに期待と注目が集められていますが、実際にそれらを商用化するためには様々な技術的ハードルを地道に乗り越える必要があります。
本セミナーにおいては、量子コンピュータと量子アニーリングマシンの基礎から最先端研究開発動向、ビジネス展開の可能性、課題、将来展望についてお話しします。同時に、量子コンピュータと量子アニーリングマシンの問題点や出来ることと出来ない事についても正確にお伝えしたいと思います。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年06月10日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・量子コンピュータや量子アニーリングに興味のある方
・量子コンピュータや量子アニーリングの原理を理解したい方
・量子コンピュータと量子アニーリングの最新研究開発動向や技術課題を知りたい方
・量子コンピュータと量子アニーリングのビジネス展開について検討をされている方
予備知識 ・線形代数、微分積分、量子力学の基礎知識
・統計物理学、固体物理、情報科学の基礎知識があることが望ましいが、必須ではない
修得知識 ・量子コンピュータと量子アニーリングの基礎概念、最新動向、課題、展望
プログラム

1. 量子コンピュータの基礎
  (1). 量子コンピュータの歴史を振り返る
  (2). 量子コンピュータを理解するための量子力学ミニマム
  (3). 量子ビット
  (4). 古典チューリング機械と量子チューリング機械
  (5). 量子論理回路
  (6). 量子アルゴリズムと計算量クラス
  (7). セキュリティー分野への影響
  (8). デコヒーレンスと量子コンピュータのエラー
  (9). 量子エラー訂正:量子エラー訂正符号とトポロジカル表面符号
  (10). 量子優位性
  (11). Noisy Intermediate-scale Quantum Computer (NISQ)について: VQE, QAOAなど
  (12). 量子コンピュータハードウェア概要(核スピン、イオントラップ、超伝導体、半導体)
  (13). IBM-Qを利用した量子計算の実機デモ

2. 量子アニーリングの基礎
  (1). 組合せ最適化問題
  (2). シミュレーテッドアニーリング
  (3). 量子アニーリング
  (4). D-Wave Systems社の量子アニーリングマシン
  (5). D-Wave Systems社以外の量子アニーリングマシン(産総研、理研、Google、MDR, MIT)と
古典アニーリングマシン(日立、富士通、NTTなど)
  (6). アニーリングマシンクラウドサービス
  (7). 量子アニーリングの応用展開
  (8). 量子アニーリングにまつわる様々な論争
  (9). Nonstquastic量子アニーリングと量子コンピュータとの等価性

3. 最新研究開発動向
  (1). 国内外の大型国家プロジェクト
  (2). 量子コンピュータ・量子アニーリング開発に取り組む企業やユーザー企業
  (3). 超伝導量子コンピュータ(Intel、Google、IBM、Rigettiなど)
  (4). シリコン量子コンピュータ(Intel、LETI、IMEC、TSMCなど)
  (5). トポロジカル量子コンピュータ(Microsoftなど)
  (6). イオントラップ量子コンピュータ(IonQなど)
  (7). 光量子コンピュータ(Xanaduなど)
  (8). 量子クラウドサービス (IBM Q、Forestなど)
  (9). 商用量子コンピュータ (IBM Q System One)
  (10). 量子コンピュータ用ソフトウェア開発環境・プログラム言語・ライブラリ
  (11). 量子コンピュータの量子化学計算への応用

4. 課題・将来展望
  (1). 技術課題
  (2). 今後の展開

キーワード 量子コンピュータ 量子アニーリング 組合せ最適化 巡回セールスマン問題 量子アニーリングマシン
タグ 統計・データ解析ITサービス
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日