自動運転技術(操舵制御・車間距離制御)とMaaSへの応用

~ 自動運転・隊列走行における操舵制御、車間距離制御技術、MaaS(Mobility as a service)の概要と事例 ~

・近年高い注目を集め、発展している自動運転技術を用いたMaaSについて先取りし、システム開発へ活かすための講座

・自動運転における制御方法とシステム構成について、具体的な事例を取り上げながら解説する特別セミナー!

講師の言葉

 現在、大きな注目を集めている自動運転について、制御技術を中心としながらも、これまでの研究開発の歴史と現在の動向、法整備の状況、今後の社会実装に向けた課題といった幅広い内容をご紹介します。特に、近年高い注目を集めているMaaS(Mobility as a service)についても紹介し、自動運転について技術だけでなく実用化に関して横断的な内容となっています。
 まず、自動車がどのような仕組みで自動化されているのかについてご紹介します。その基本的な制御方法とシステム構成についても具体的な事例を取り上げながらご紹介します。次に、自動運転の技術に関するこれまでの歴史から最近の国内外の動向についてご紹介します。そして、自動運転技術を用いたMaaSとはどのようなものか、どのような動きがあるのかについてご紹介します。最後に、自動運転がどのような発展を遂げていくか、その展望についてご紹介します。自動車工学・制御工学の内容を取り扱いますが、本知識の無い方も含めてご理解いただけるように、制御工学の基礎的な内容も含まれておりますので安心して受講できると思います。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年04月24日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・自動運転に関心のある方
・具体的に操舵制御や車間距離制御について学びたい方
・今後の自動運転の動向に興味のある方
・自動車、電装品、ITSほか関連企業の方
予備知識 ・工学の基礎知識があることが望ましい
修得知識 ・自動運転に関する取り組みや最新動向
・制御工学の基礎的な知識
・操舵制御および車間距離制御について(古典制御と現代制御の応用)
プログラム

1.自動運転技術
  (1).自動車の基本性能とは
    a.走る
    b.止まる
    c.曲がる
  (2).自動運転とは
    a.自動運転システムの構成
    b.速度・車車間距離制御
    c.操舵制御
  (3).事例
     (自動運転・隊列走行プロジェクト(エネルギーITS推進プロジェクト))
    a.エネルギーITS推進プロジェクトの概要
    b.自動運転・隊列走行における操舵制御技術
    c.自動運転・隊列走行における車間距離制御技術
    d.実証実験を中心とした成果紹介

2.自動運転とMaaS(Mobility as a service)
  (1).これまでの歩み
    a.国内外の自動運転の発展の歴史
    b.自動運転のレベルとは
    c.自動運転における課題(エコシステムの構築とは)
  (2).内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
    a.次世代都市交通システム(ART)
    b.自動運転バス(実証実験を中心)
  (3).トラックの隊列走行の実用化
    a.後続無人による隊列走行
    b.後続無人の実現に向けた社会受容性
  (4).MaaS(Mobility as a service)とは
    a.MaaSの紹介
    b.MaaSの事例紹介
  (5).自動運転の今後の展望

キーワード 自動運転 速度・車車間距離制御 操舵制御 隊列走行 MaaS Mobility as a service ART 
タグ AI・機械学習自動車・輸送機車載機器・部品制御ITS
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日