プリント配線板の検査技術向上と品質保証の進め方

~ プリント配線板の品質トラブルとその特徴、回路欠陥とクリーン化技術、SQCの効果的導入による品質向上と効率化の両立 ~

・電子機器の性能を発揮させる基幹部品として一層重要さを増しているプリント配線板の品質保証を確立するための講座

・信頼性の創り込み、統計的品質管理(SQC)の利用、クリーン化技術、IE観点での科学的かつ効率的な管理の推進策などを修得し、品質向上に活かそう!

講師の言葉

 もの造りのグローバル競争の中で、電子機器実装に用いられるプリント配線板は、電子機器の性能を発揮させる基幹部品として、一層重要さを増している。
 本セミナーは、プリント配線板製造において品質保証の充実化を目指し、検査技術と技能の向上、信頼性の創り込み、統計的品質管理(SQC)の利用、電子機器に馴染みの深いクリーン化技術、IE観点での科学的かつ効率的な管理の推進等に注力し、顧客とのウイン・ウインの関係の構築と定着での、競争力向上の知識と実踐力を学ぶ。また、併せて検査向上への自動化や、ビッグデータ・人工知能の利用等での足掛かりも考える。

本講座の申し込み受付は終了しました

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年04月01日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・グローバル時代の物造り競争力強化を目指す中で、プリント配線板の製造や使用に携わる技術者・検査者・物造り実務者(含む、製品開発・製造・品質管理・設備技術・保守等の実務担当者)
・プリント配線板の販売で、プリント配線板の品質向上を求める営業やサービスの担当者
・プリント配線板を購入し、電子機器・製品に実装する企業の、購買や受入検査の担当者
・機械及び電子機器の製造・並びにその組立での製造・検査の場で、SQC・クリーン化・AI技術の応用や導入に興味を持つ管理・監督者・技術者
予備知識 ・自社製、および購入するプリント配線板の競争力や品質・信頼性向上に関しての興味
修得知識 ・プリント配線板製造に求められる、検査体制実現策
・プリント配線板製造・検査と品質向上の技術、ならびにその応用
プログラム

1.プリント配線板に求められるもの
  (1).ファイン化が競争力の原点
  (2).PWBの品質トラブルとその特徴

2.品質保証への各部門の対応
  (1).製造と検査での品質作り込み
  (2).主役は人(検査も人作りから)
  (3).回路欠陥とクリーン化技術

3.先手必勝の品質保証体制作り
  (1).品質が見えれば手が打てる
  (2).生産システムへの希求点
  (3).品質情報のシステム
  (4).SQCの効果的導入による、品質向上と効率化の両立

4.明日の検査と品質保証のシステム
  (1).PWB信頼性の3要素を追う 
  (2).検査と生産性(特性検査化・同期取り)
  (3).検査へのAI・ビッグデータの利用

5.改善の推進
  (1).グローバル化対応(含む、規格対応)
  (2).ウィン・ウィンの関係構築

キーワード プリント配線板 PWB 回路ファイン化 品質保証 顧客志向 SCM 統計的品質管理(SQC) 工程能力 管理図 抜取検査 耐久性 頑健性 成長性欠陥 同期 IoT 回路欠陥 クリーン化技術 見える化
タグ 検査信頼性・故障解析品質管理プリント基板電子部品
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは現在募集を締め切っております。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日