設計品質向上のための設計トラブル未然防止・再発防止の仕組みづくりとそのポイント

~ 設計品質を向上させるための考え方、設計に起因するトラブル事例、チェックリスト作成のポイント、リスクアセスメント、AI時代の設計トラブル防止対策 ~

・未然防止・再発防止への取り組みを通して設計品質向上を実現するための講座
・講師の方の実体験に基づき、実践的で効果のあがる設計トラブル防止策を修得するための特別セミナー! 

講師の言葉

 各種専門書において、設計品質を向上させるための設計手法が数多く紹介されています。しかし、実務で使おうとすると、うまく効果が上げられないということが多いのではないでしょうか。設計手法は設計プロセスの一部に過ぎず、それだけで設計品質が劇的に向上することはありません。設計品質を向上させるためには、そのベースとなる考え方を理解することが重要です。その基本となるのが再発防止と未然防止への取り組みです。
 本セミナーでは、実際に設計トラブル防止のための仕組みづくりに奔走してきた講師が、設計プロセス全体を見据えた上で、再発防止と未然防止の仕組みづくりの進め方について分かりやすく解説します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2018年11月26日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・メーカー部門の設計者、設計管理者の方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・設計トラブル防止のための考え方
・再発防止および未然防止の仕組みの構築方法
・実務における設計ツールの効果的な活用方法
プログラム

1.設計品質を向上させるための考え方
  (1).設計に起因するトラブル事例
  (2).再発防止と未然防止
    a.再発防止と未然防止は車の両輪
    b.「時間がないからできない」と言わない
    c.品質問題はもう隠せない
  (3).品質を確保するための4つのポイント
    a.企業文化
    b.人材(設計者/チェッカー/レビュア/承認者/仕組み構築者)
    c.設計資産(ナレッジ)
    d.設計プロセス
  (4).設計の仕組みはMECE(ミーシー)で構築する

2.再発防止
  (1).再発防止の考え方
  (2).失敗(設計トラブル)のとらえ方
  (3).直接原因の究明と対策
  (4).根本原因の究明と対策
  (5).設計ルール作成のポイント
  (6).チェックリスト作成のポイント
  (7).設計者のエラーをいかに防ぐか

3.未然防止
  (1).未然防止の考え方
  (2).問題発見能力が未然防止のベース
  (3).設計レビューの進め方
  (4).リスクアセスメント
    a.リスクの考え方
    b.優先順位と妥当性の判断
  (5).未然防止の仕組みを設計プロセスに組み込む

4.活動の効果をさらに高める取り組み
  (1).リスクを低減させるためのポイント
    a.製品の使われ方の明確化
    b.フェールセーフとフールプルーフ
    c.設計者の品質に関する感度を上げる取り組み
    d.設計資産の蓄積と活用
  (2).設計効率向上のための取り組み
  (3).AI時代の設計トラブル防止対策(設計資産が設計力を左右する)

キーワード 設計品質 設計トラブル 未然防止 再発防止 チェックリスト 設計レビュー リスクアセスメント フェールセーフ フールプルーフ
タグ リスク管理プラスチック品質管理未然防止設計・製図・CAD
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日