海外調達部品の信頼性評価と寿命予測およびトラブル未然防止のための調達・購入方法

~ 部品調達時のチェックポイント、市場での故障を見抜く評価方法とポイント、発煙・発火問題の対処法 ~

・調達における監査の仕方や部品の信頼性・安全評価法を修得し、市場トラブルの未然防止に活かすための講座
・電子部品の故障メカニズムとそれに対応する品質確認方法や使用時間における故障数の推定方法を学び、製品の信頼性を確保しよう! 

講師の言葉

 電子部品が原因でパソコンが1年で起動不良になったり、テレビや扇風機が燃えたりするようなトラブルが顕在化しています。そのような故障がなぜ起こるのかその故障メカニズムを理解し、製品に搭載する電子部品が故障の起こらないような調達の仕方や市場での使い方を考える必要があります。
 そこで本セミナーでは、電子部品調達の際に実施するサプライヤー製造工程の監査の仕方や部品の信頼性評価や安全評価の仕方についても事例を交えて詳細に解説します。調達した部品が市場での使用時間における故障数を推定する方法を学び、製品を市場に出荷する前に、市場トラブルの未然防止に役立ててほしいと思います。

本講座の申込み受付けは終了いたしました

セミナー詳細

開催日時
  • 2018年11月21日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・電子機器、自動車部品メーカーの技術者の方
・回路設計者、品質部門・評価部門、購買部門の方
予備知識 ・信頼性の一般的な知識
修得知識 ・電子部品を調達する際に必要な基本事項とそのステップ
・電子部品サプライヤの製造工程に対するチェックポイント
・電子部品の故障メカニズムとそれに対応する品質確認方法(評価方法)
・電子部品の発煙・発火問題に対する評価の考え方
プログラム

1.市場トラブルから学ぶ上手な部品調達・購入のやり方
  (1).電子部品起因による市場トラブルの現状
  (2).市場トラブル原因の考察
    a.使用1年程度の早期に故障した製品の原因の考察
    b.市場で発煙・発火問題を生じた製品の原因の考察
  (3).トラブル原因の故障メカニズム推定
    a.早期故障を起した製品の故障メカニズム推定
    b.発煙・発火問題を起した製品の故障メカニズム推定
  (4).トラブル未然防止ための部品調達・購入方法
  (5).取引先への趣旨説明の事例
  (6).部品調達時のチェックポイント
    a.部品選定前に実施すること
    b.部品製造工程監査時に実施すること
    c.チェックポイントの事例紹介

2.仕様書記載の信頼性用語やメーカー試験法
  (1).仕様書を取り交わす際に用いる信頼性用語
  (2).仕様書記載の信頼性試験内容でわかること

3.信頼性試験結果から実力を把握する手法
  (1).信頼性試験で用いる特性値の概要
  (2).製造工程でのロットバラツキを見抜く評価の方法とポイント
  (3).市場での故障を見抜く評価の方法とポイント
    a.初期故障を少なくするための考え方と評価法
    b.偶発故障を少なくするための考え方と評価法
    c.短寿命を見抜く評価法
  (4).発煙・発火問題の対処法とそのポイント

4.故障解析事例(調達と関連する内容を含む)
  ・市場で故障した電子部品の具体的な事例

キーワード 市場トラブル 故障メカニズム 仕様書 ロットバラツキ 初期故障 偶発故障 発煙・発火
タグ 海外進出・中国検査寿命予測信頼性・故障解析調達品質管理プリント基板電子機器電子部品
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは現在募集を締め切っております。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日