IoTセンサシステムの構築と実装へのポイント

~ センサ信号の処理回路、センサ情報処理、クラウドによるセンサデータの活用法 ~

・最近のIoT技術進歩を幅広い観点から取り上げ応用へ活かすための講座
・センサの原理や信号処理からセンサデータの収集と活用法まで体系的に修得できる特別セミナー !

講師の言葉

 『IoT』は、センサが対象とするリアルな世界からクラウドに代表されるサイバーな世界まで、非常に広い範囲に亘る技術です。
 本講座では
(1)リアルな世界の情報を電気信号に変えるセンサの原理
(2)センサ信号をセンサ情報に加工する信号処理技術
(3)コンピュータ/ネットワークによるセンサ情報の収集方法(ハードとソフト)
(4)センサにより集められたデータを活用するためのクラウドの利用法、について最近の技術進歩を幅広い観点から取り上げ、分かり易く応用へつながる話ができればと考えております。

セミナー詳細

開催日時
  • 2018年09月07日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・各種センサを用いたIoTシステムの構築に興味があり、実際のシステムに応用したいと考えている方
・システム・ソフト、ネットワーク他関連企業の方
予備知識 ・大学理工系の初年次程度の知識
基礎からスタートするので、電気工学ではオームの法則、情報理論では論理演算が分かれば十分です
修得知識 ・センサの動作原理
・センサの信号処理技術
・コンピュータ/ネットワークによる計測システムの構築法
・クラウドによるセンサ情報処理
プログラム

1.IoT(Internet of Things)とセンサ
  (1).IoTの概要
  (2).センサによるデータ採取

2.センサとは?
  (1).ものの性質(物性)は何で決まるか?
  (2).各種センサのセンシング原理

3.センサ信号の処理回路
  (1).センサ信号の増幅、フィルタ
     a.オペアンプ(演算増幅器)
     b.フィルタ回路
  (2).アナログ・ディジタル変換回路、ディジタル・アナログ変換回路

4.マイコン、コンピュータによるセンサ情報処理
  (1).センサ情報の流れ
  (2).マイコン、コンピュータとセンサの接続
     ・Raspberry Piを例として
  (3).プログラミング言語
     ・Pythonを例として
  (4).IoTセンサ計測システム
     a.インターネット接続
     b.各種無線接続
      ・WiFi
      ・Zigbee
      ・Bluetooth
      ・LTE
      ・LPWA

5.クラウドによるセンサデータの活用
  (1).ディジタル信号処理の適用
  (2).機械学習(AI)の適用

6.まとめと質疑応答

キーワード IoT センサ情報処理 IoTセンサ計測システム センサ信号処理 無線接続 
タグ 信号処理クラウドコンピューティング通信無線センサネットワークモバイルコンピューティングロボット
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日