超解像技術の基礎と画像・映像の高精細・高解像度化技術への応用 〜 デモ付 〜

〜 映像高解像度化技術、ナイキスト周波数を越える真の超解像化技術の概要、超解像化技術の種類、超解像化技術の応用 〜

・画像処理技術に長年携わっているエキスパートの方から、超解像技術の基礎から最新技術までを学ぶための講座

・これまで実用化されてきた超解像技術を越える画像処理技術を学び、製品への応用に活かそう !

講師の言葉

 画像の高画質化は常に求められる技術です。 “超解像”は代表的な高画質化技術であり、世界的にも多数の研究者が様々な研究成果を発表しています。

 画像や映像の技術者は超解像に興味を持たれる方も少なくないと思いますが、どこから学べば良いのかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

 超解像技術をきちんと理解するためには、画像・映像のディジタル信号処理の基礎理論に基づいて学ぶ必要があります。

 本セミナーでは、画像の高解像度化の基礎から出発して、超解像に関する最新の研究成果までを紹介します。

 また、超解像技術を使ってみたが、思ったほど高解像度化できなかったという経験をお持ちの技術者もいらっしゃるかもしれません。講義では、この種明かしも行います。

 これまで実用化されてきた超解像は、原理的に超解像化能力には限界があり、ナイキスト周波数を越えることは困難です。その理由についても言及します。

 更に、時間処理が可能であり、ナイキスト周波数を越えることが可能な超解像技術を紹介します。リアルタイムハードウエアによる映像の超解像処理のデモも予定しています。

セミナー詳細

開催日時
  • 2018年03月01日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・画像・映像処理技術者 ・超解像技術に興味のある方
予備知識 ・大学1年程度の数学の知識
修得知識 ・画像/映像信号の周波数領域での振る舞い(周波数特性の意味) ・超解像技術の基礎と応用
プログラム

1. 超解像とは何

  (1).映像高解像度化技術について

    ・ドラマにおける映像高解像化・例

  (2).超解像の定義

2.映像の精細化技術について

  (1).エンハンサー

  (2).真の超解像技術とは

  (3).ナイキスト周波数を越えるとは

  (4).ナイキスト周波数を越えたこと証明するには

  (5) .周波数空間における超解像

3.超解像技術について

  (1).再構成型超解像

  (2).学習型超解像

  (3).非線形処理による超解像

  (4).デコンボリューションによる超解像

  (5).非線形処理による超解像の原理

4.超解像の映像への応用・例

  (1).4K/8Kへの応用

  (2).スマートホンへの応用

5.デモ:超解像技術について

  ・リアルタイム超解像装置

  

6.まとめと質疑応答

キーワード 超解像 映像高解像度化技術 映像精細化技術 ナイキスト周波数 再構成型超解像  空間間周波数 学習型超解像 4K 8K
タグ 信号処理規格・標準ディスプレイAndoroid電子機器LED・有機EL・照明
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日