技術者に不可欠な問題解決力の養成講座 〜演習付〜

〜 問題解決のための現状分析、問題発見の着眼点、解決のプロセス(手順)、自己問題への取組み方 〜

・明日から使える「問題解決技法」のポイントを具体的にわかりやすく理解できる講座

・問題解決力、論理構成力、現状分析力、意思決定力、実践力を短期間で身につけることができる特別セミナー!
 
・実践で活用できる「ワークシート」をお配りいたします

講師の言葉

 仕事の問題に対して、過去の経験や勘で解決を図る人は多いものです。本セミナーは、技術者・研究者・技術営業担当者を対象に、明日から使える“問題解決技法”のポイントを具体的にわかりやすく理解できるプログラムで構成されています。技術担当者必須のセミナーです。
 本セミナーには5つの特徴があります
  1.明日から使える“問題解決技法”のポイントが学べます
  2.短い時間で深く考えるための道具を習得します
  3.自己の目標(あるべき姿)を再認識し、行うべきことを明確化します
  4.実践で活用できる「ワークシート」を研修時に使います
  5.課題・問題への効果的な取り組み方がよく理解できます

セミナー詳細

開催日時
  • 2017年04月07日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 研究開発・商品開発・ ビジネススキル
受講対象者 ・技術者・研究者・技術営業担当者の方(業種は問いません)
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・問題解決力、論理構成力、現状分析力、意思決定力、実践力、が短期間に身につきます
プログラム

1.短い時間で“深く考える”技術者が活躍する!
  ・問題解決の概要

2.問題解決の前提
  (1).問題解決は客観的に行う
  (2).情報を集めることが問題解決の第一歩である
  (3).なぜ技術者に問題解決技法が必要なのか

3.問題解決のための現状分析
  (1).技術者は“分析力”に優れている
  (2).現状分析から問題を見つける
  (3).現状分析には“現場力”が必要
  (4).現状分析の道具はこれだ 1
     ・SWOT分析法
  (5).現状分析の道具はこれだ 2
     ・クロスSWOT分析法
  (6).現状分析の効果的な進め方

4.問題解決のプロセス(手順)を習得する
  (1).組織は問題の宝庫である
  (2).改善・改革レベルの問題に挑戦しよう
  (3).問題の定義について
  (4).問題発見の着眼点について
  (5).問題解決のプロセス(手順)を理解する
  (6).原因を事実と仮説にわける
  (7).解決策は1.「自分でできること」、2.「提案すること」に分ける

5.問題解決を理解するための事例研究
  (1).なぜ事例研究を行うのか
  (2).事例研究の進め方
  (3).グループ討議、発表
  (4).講師コメント

6.自己問題への取組み方
  (1).自分の問題を抽出しよう
     ・自己目標から問題を考える
  (2).これだけは押さえたい問題解決のポイント
  (3).技術者は、子供の視点で原因分析をする
  (4).実践的ワークシート「問題解決シート」の概要
  (5).「問題解決シート」から「実行計画書」への展開

7.総まとめ
    :問題解決技法を現場で実践する

キーワード 問題解決 分析力 現場力 SWOT分析 クロスSWOT分析 仮説 提案 原因分析 自己目標
タグ 業務改善問題解決・アイデア発想未然防止
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日