ホログラフィを利用した高速度3次元動画像計測技術とその応用 〜デモ付〜

〜 高速度イメージングと3次元計測、位相シフト法による計測課題解決策、ホログラフィによる計測例 〜

・照明光の走査や多数のカメラを必要としない最新の3次元動画計測技術を先取りし、応用するための講座

・高速イメージングと親和性が高い画像計測の最新技術を学び、応用システムの開発に活かそう!

・エンジン開発における燃料噴霧の3次元計測、工場の生産ラインにおける部品・製品検査、生細胞の動態解析など、幅広い分野における、高速に動く物体や高速な現象の動画像計測への応用が期待されています

講師の言葉

 ホログラフィは、光の性質を利用することで、照明光を走査したり、多数のカメラで撮影したりすることなく、撮影対象の奥行き(深さ)を含めた3次元的な形状を高精度に計測できる技術である。この特長により、ホログラフィは高速度イメージングと親和性が高く、本講演では、ホログラフィを利用した高速度3次元動画像計測について説明する。
 まず、「高速度イメージング」と「3次元計測」の概略について述べた後に、ホログラフィの原理について説明する。その後、波動光学ライブラリを利用して、光の挙動だけでなく、ホログラフィにおける記録、再生処理についても計算機シミュレーションを実演する。また、講師が取り組んでいる研究内容を中心に、ホログラフィによる高速度3次元動画像計測の実例をいくつか紹介する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2017年04月26日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・高速度イメージングや3次元計測に興味のある方 ・ホログラフィを利用した画像処理に興味のある方 ・画像処理、カメラ、セキュリティ、ディスプレイ、計測、光学機器、光学部品そのほか関連企業の方
予備知識 ・光学の基礎知識 ・C言語の基礎知識
修得知識 ・ホログラフィの原理とその応用例 ・ホログラフィに基づく計測システムの構成方法 ・コンピュータを利用したホログラフィのシミュレーション技術
プログラム

1.高速度イメージングと3次元計測
  (1).高速度イメージングの必要性
  (2).高速度イメージングにおける課題
  (3).3次元計測の必要性
  (4).3次元計測技術の特長と課題

2.ホログラフィの基礎と応用
  (1).光の干渉と回折
    a.光の基本的性質
    b.干渉
    c.回折
    d.波動光学ライブラリによる光の干渉・回折シミュレーション
  (2).ホログラフィの原理
    a.ホログラムの記録
    b.ホログラムの再生
    c.波動光学ライブラリによるホログラムの記録・再生シミュレーション
  (3).ホログラフィの応用例
    a.セキュリティ分野
    b.ディスプレイ分野
    c.光学素子分野
    d.計測分野
  (4).ホログラフィによる3次元計測の課題と解決策
    a.課題: 計測精度の低下
    b.解決策: 位相シフト法
    c.さらなる課題: 瞬時性の喪失
    d.さらなる解決策: 単一露光位相シフト法

3.ホログラフィによる高速度3次元動画像計測と応用例
  (1).計測システム構成の一例
  (2).計測例の紹介
    a.透明ガス流
    b.振動体
    c.微生物
    d.その他
  (3).今後の展開

キーワード ホログラフィ 3次元計測 高速度イメージング 3次元計測 波動光学ライブラリ 位相シフト法 単一露光位相シフト法
タグ 精密機器・情報機器イメージセンサカメラディスプレイ画像画像認識計測器光学設計・製図・CAD
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日