クリーンルームの基礎と最新技術および効果的な汚染対策と管理手法

〜 汚染の原因と対策、作業員管理・教育の重要点、クリーンルームの適正な状態の維持・管理 〜

・清浄度維持のために必要な知識と管理のノウハウを修得する講座

・清浄化に必須となる人・物からの発塵、微小塵埃、気流を把握した汚染対策、清浄化のポイントと管理技術を基礎から修得しクリーンルームの適正な状態の維持・管理に活かそう!

講師の言葉

 クリーン化技術に携わる、初級から中級までの全ての方々を対象に、中級入口までの内容を、平易な言葉で説明します。

 理論のほか、実験・実測・経験に基づいた内容も示します。例題で、具体例・図・表・写真も多く掲げます。質問は随時受け付けます。専門用語は進行に伴って自然に吸収できるようにします。

 講演の重要ポイントは以下の通りです。

1.汚染の原因と対策

2.作業員管理・教育の重要点

3.クリーンルームの適正な状態の維持・管理

4.クリーン化技術の最新の動向

セミナー詳細

開催日時
  • 2017年02月10日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 化学・環境・異物対策
受講対象者 ・クリーン化技術に携わる全ての方々(精密機械、半導体、医薬品、食品他)  初級の方にも、わかりやすく解説します。  やや難しい内容は、その本質をわかりやすく説明します
予備知識 ・何も必要ありません。安心して受講ください ・専門用語は随時解説します
修得知識 ・クリーンルームの基礎の確認 ・清浄度維持のためにやるべきこと、やってはいけないこと、汚染状況の把握 ・具体的な作業員管理、汚染対策
プログラム

1.クリーンルーム(以下、CR)の基礎

  (1).清浄度とは何か?

  (2).CRの種類・形式・変遷

2.クリーンルーム内の汚染物質

・塵埃

  (1).塵埃の性質

    a.気流との関係、拡散範囲

    b.[演習]空気中で微小粒子はどのように移動するのか?

    c.発塵による塵埃の拡散(その汚染範囲は?)

  (2).人・物からの発塵

    a.拡散範囲、内圧変動、摺動発塵

    b.製品と人と製造装置の位置関係の影響

    c.衣類の摺動による発塵

    d.人からの発塵

3.クリーンルーム内の作業員管理と教育

  (1).CRの4原則

  (2).クリーンスーツ着衣人体からの発塵機構

    a.クリーン手袋からの発塵

    b.クリーンスーツ内の圧力変動

    c.クリーンスーツを通しての発塵

d.[演習]人体からの塵埃拡散範囲

(3).人の適正な位置取り・適正な動作とは?

(4).クリーンスーツの選定、洗濯頻度

    a.クリーンスーツ選定の要件

    b.クリーンスーツのフィルタ効率と運動発塵量との関係

    c.クリーンスーツの劣化

  (5).クリーン手袋は上か下か?

  (6).エアシャワーの効果

4.さらなる清浄化への指針(対策)

  (1).微小塵埃/ミスト/気流を把握 → そして対策へ

  (2).普遍的な対策コンセプトとは?

  (3).除去/抑制の手順と考え方

5.クリーンルームの清掃

  (1).清掃の種類と方法

  (2).各部位の清掃方法・頻度、特定表面の清掃

  (3).注意点

6.クリーンルームの国内外関連規格の最新動向

  ・ISO規格、JIS規格、JACA指針など

7.参考文献

   ・初級〜上級まで、主要なものを表紙画像と内容も含め紹介

キーワード クリーンルーム 清浄度 クリーンスーツ 清掃方法 微小塵埃 国内外関連規格
タグ クリーンルーム食品乾燥ディスプレイ空調プリント基板リチウムイオン電池塗装・塗布表面処理・めっき設備電池LSI・半導体
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日